COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > k-unet の活動> 活動状況> パソコン研修会> パソコン研修会模様 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 

  パソコン研修会のページ

 

パソコン研修会模様のページ



バックナンバーは こちら をクリックして
ご覧ください
 
2018年度第2回k-unetパソコン研修会の模様
 
2018年度 第2回 k-unet パソコン研修会の模様

1.日 時 2018年7月24日(火) 14:00 ~ 16:10

2.場 所 まちだ中央公民館 6階 視聴覚室

3.出席者 7名

4.講 師 石垣 英明
  技術支援G 本間 強、小川明義、山本勝美、京極雅夫(記録)

5.研修内容
 (1)「スマートスピーカー」音声AIが日常を変える
 スマートスピーカーとは、ディスプレイのないスマホです。音声アシスタント機能を搭載したスピーカーの総称です。利用者が声で質問や要望を伝えると、その内容を解析し、音声で応答します。各種情報の検索、音楽の再生や家電などの機器もコントロールでき、生活のさまざまな場面で役立つツールとして注目されています。
 「Amazon Echo」と「Google Home Mini」のスマートスピーカーを教室に持参し、無線LAN(Wi-Fi)にてネットに接続して、使いこなしのポイントを紹介しました。そしてAIスマートスピーカーに話しかけて色々な機能を試していただきました。
 Amazon Echo:「Alexa(アレクサ)」と呼びかけて、話しかける
 Google Home:「Ok Google(グーグル)」と呼びかけて、話しかける

これから購入をお考えの方に、タイプ別の特徴を以下に示します。
 Alexa搭載スピーカーGoogleアシスタント搭載スピーカー
ここが ○* Amazonでショッピングができる
* スキルを使って機能を追加できる
* 連携可能な外部サービスの種類が圧
 倒的に多い
* 対応する家電製品が多い
* サードパーティ製もある
* 音声認識の精度が高い
* Googleならではの高度な検索機能
* カレンダーやフォトなどGoogleの便
 利なサービスと連携できる
* Chromecastと連携してテレビで
 動画を再生可能
* サードパーティ製もある
ここが X* Googleアシスタントに比べると若
 干音声認識の精度が低い
* Actions on Google(Alexaのスキル
 に似た機能)の対応サービスはまだ
 少なく、外部サービスとの連携はや
 や弱い


 (2)「何でもQ&A」

Q:古いパソコンから新しいノートパソコンに変えた結果、Outlookアドレス整理がうまくできなかった。アドレス帳管理もうまくいかない。

A:Microsoft のサイトにOutlook(Office 2016版)のアドレス帳作成の解説がありますので こちら をクリックして参考にしてください。
なお、もし古いパソコンがまだ手元にある場合は、 Outlook のインポート / エクスポート機能でアドレス帳を移すことができます。
(1) エクスポート手順
 古いパソコンの Outlook のアドレス帳をエクスポートで CSVファイルに書き出す。
   こちら をクリックして参考にしてください。
(2) インポート手順
 古いパソコンのCSV形式アドレス帳ファイルを新しいパソコンの Outlook にインポー
 トする。こちら をクリックして参考にしてください。


Q: PCメールをスマホ(Android)でも見たい。外出先からスマホでショートメッセージを送りたい。

A:以下を参考にしてください。
Android スマホでパソコンのメールを送受信する方法
Android スマホにはグーグルが提供している Gmail というメールソフトが予めインストールされており、この Gmail を使うとパソコンで使っているメールの送受信状況をスマホでも見ることができます。また、スマホからメールの送受信もできるようになります。スマホの Gmail の設定方法は下記 URL で解説されています。
  http://www.kvision.ne.jp/knet/img/manual/android_gmail.pdf
  http://tanweb.net/2016/05/07/8229/
   パソコンのメールをスマホで見る方法は?: こちら をクリック   

設定する際に、現在利用しているメールソフトで設定している以下の情報が必要となるので、予め調べておく必要があります。メール設定情報はインターネットプロバイダーからの書類に記載されています。
(1) メールアカウント(ユーザー名)
(2) パスワード
(3) メールアドレス
(4) 受信サーバー: サーバーの種類(POP3あるいはIMAP)、サーバー名及びポート番号
(5) 送信サーバー: サーバー名及びポート番号
上記 URL で解説されている方法で設定してみてください。

(参考)

回答者も Android スマホでパソコンのメールを送受信していますが、上記とは別の方法で設定しました。
(1) スマホ購入前にパソコンで Gmail を利用していました。

① Google Chromeというブラウザーをパソコンにインストールし、付属しているメールソフト Gmail を起動し、新規アカウント(パソコンGmail用メールアドレスとパスワード)を設定しました。

② Gmail の設定画面で、「アカウントとインポート」、「他のメールアドレスを追加」を開き、通常使っているメールソフト(Thunderbird)に設定しているアカウント情報(メールアドレス、パスワード等)を Gmail にも設定しました。すると、メールソフトで送受信したメールが Gmail でも閲覧できるようになります。
更に、Gmail で送信する場合、送信メールアドレスをパソコンで使用しているアドレスに入れ替えることができます。つまり、メールを送信する場合、Gmailを使っても同じメールアドレスで送信することができます。

(2) スマホ購入後、以下の手順でスマホの Gmail を設定しました。

① スマホの Gmail を起動して、新規アカウント(スマホGmailのメールアドレスとパスワード)を設定しました。

② 次に設定画面で「アカウントの追加」をタップしてパソコンの Gmail のアカウント(パソコンGmailのメールアドレスとパスワード)を設定します。これで、スマホでパソコンのメールを送受信することができるようになります。


Q: 前のスマホではできていたが、新しいスマホでもテザリング機能を使いたい。

A: スマホの設定画面にテザリング機能を ON/OFF する機能が必ずあります。テザリングはWi-Fi接続とUSB接続の二通りの方法がありますが、Wi-Fi接続の場合は、先ずスマホのWi-Fiアクセスポイントの画面を開き、SSIDとパスワードを取得します。次にパソコン側でSSIDを頼りにスマホのWi-Fi電波を受信してパスワードを入力することでネットワークに接続できます。


Q: フェースブック(FB)のMessengerが使いこなせていない。

A: MessengerはFacebookのアカウントでログインできます。従来はFB機能の一つとして一体化していましたが、現在はFBから切り離され独立しています。テキストのやり取り以外に、モバイルやデスクトップでだれとでも連絡がとれます。スマホのAndroidやiPhoneにアプリをインストールすることにより、音声通話、ビデオ通話でやりとりもできます。写真や動画で、友だちやグループに送信したり、投稿することができます。LINEアプリと似ており、Facebookのアカウントでログインができるのが特徴です。通話は無料、Wi-Fi環境以外ではデータ通信料がかかります。


Q: iPhoneを使用しているが、iOSはアップデートされているのか。いつアップデートされているか分からない。

A: iPhoneもiPadもOSは同じもののようです。ほぼ同時期に同じVersionにアップデート(UD)されています。UDの事前通知はありますが、もしUDを逃すとそれ以降のUD通知はありません。


Q: ネットでワインを購入しているが、最近画面上にポップアップ広告が表示されるようになって煩わしい。消す方法は無いか。

A: アドウエアがインストールされてしまった可能性があります。次のサイトに対策が示されています。      https://securitynavi.jp/1065


Q: 迷惑メールやウィルスメールを開かないで内容を確認する方法はあるか。

A: nPOPというソフトを使ってみてください。サーバー上のメールをダウンロードせずにリストをPCに表示させることができます。また、Gmailではメールを受信すると怪しいメールは自動的に迷惑メールとして抽出してくれるので便利です。


Q: インターネットでは長い間グローバルIPアドレスver4が使用されているが、インターネットの使用が増加するに伴い、IP ver4のアドレス数が枯渇することが懸念され、2010?年頃にIP ver6が規定された。現在の利用比率はどの程度か。

A: IPv6の普及は増加しています。IPv4 と IPv6 ではアドレス長が32ビットから128ビットになるなど色々と違いがあり互換性がありませんが、Windows OSなど現在使われているシステムでは IPv4 と IPv6 を切替えて接続する相互接続方式によりインターネットに接続してくれますので、一般ユーザーはどちらが使用されているかを特に気を付ける必要はありません。
日本においては、2018年にKDDIのauひかりではIPver6対応率が100%になっています。


 (参考)日本のIPv6普及率:

       https://blog.nic.ad.jp/blog/june6_ipv6
    IPv4とIPv6の相互運用: 
      http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1403/13/news114.html


 6.その他
  第3回研修会は10月中旬に新宿にて、第4回は11月中旬に町田にて開催します。
  詳細は別途周知します。

以上

  研修会教室とその後の懇親会の雰囲気は次のとおり。

kens1kens2kens3kens4kens5kens7kens8akens9kon1kon2kon3kon4

 
 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります。