COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の広場> 会員からの投稿> 富士山の写真展 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
 
  投稿
 

   
 2月23日は「富士山の日」です。これに因んで、2月23日から3月22日までの1か月間、富士山の写真を募集し、7名の会員の方から投稿がありました。、引き続き皆さんに公開します。
 富士山の写真を見てみんなで楽しみましょう。

お寄せいただいた写真は、
暮らしと趣味 > 趣味の広場 > 写真 > 写真展覧会
に掲載中です。 クリックしてご覧ください。
また、次の各写真アイコンをクリックすると、投稿作品(スライドショー)にジャンプします。
 

富士金環 - 小関康雄さん
☆富士山金冠
 2012.01.31撮影の写真です。成城の富士見橋から撮りました。
 寒い中、1時間位頑張って、三脚とEOS Kiss X2: 200mm望遠レンズで。
 お天気と、富士山の雲の関係で、撮れるとは限りません。 考えてみると、物好きですね。

☆府中カントリークラブからの富士
  今年、2月17日朝、府中カントリークラブでゴルフラウンド・スタート前の7時50分頃に撮った写真です。 Canon S-95、このカメラは持ち歩きが簡単で、結構性能が良く、
使い易いカメラです。



郷愁のような - 佐藤敏雄さん
(1)空から ①
(2)空から ②
 いずれも九州旅行の折、JAL機から撮ったもの。青と白のコントラストがきれいでした。
右に見えるのが駿河湾と大瀬崎、左には伊東付近の海岸が。 
 (3)富士平原CC
   関連会社の仲間と、御殿場の富士平原CCで遊びました。
   まさしく”富士に向かって打て”といった感じでした。 
(4)中央都留CC
   スクールの人たちとレッスンに行きました。遠くの優しい富士に癒されました。 
(5)星川のマンション
   息子のマンションからの富士。段々邪魔な!建物ができてきて、折角の景観が台無し!   
(6)新東名清水付近
   名古屋に住む三男坊が、新東名で年始に来る途中、撮影してくれたもの。



私の富士山  - 矢部靜樹さん
静岡県沼津市育ちの小生には富士は自宅の二階の窓越しにいつも
見えるものでした。
ちょっと変り種をメインにしました。
富士山と聴くといつも思い出す歌があります。

来て見れば聞くより低し富士の山、釈迦も孔子もかくやあるらん



河口湖畔から - 樫村慶一さん
 富士山は“崇高な”、“威厳のある”、“神聖な”山であるなどと言われることが多い。昨年暮れに河口湖畔に住む知人の病気見舞いに行った。翌朝ホテルのテラスから富士山の巨大な姿を撮りまくった。余りに近いので登っている人が見えるのではないかと愚かな期待をした。近すぎる富士山は“怖い”と感じる。ごつごつした手でひと握りに潰されそうな気がする。やっぱり、「富士山は遠きにありて賞でるもの」であることを改めて感じたものである。





新幹線から富士山 - 伊藤辰夫さん
たまたま法事の関係で25年2月23日に名古屋に向かった際、24日の名古屋からの帰りに新幹線から撮影した写真です。








富士三昧 - 京極 雅夫さん
KDDビル竣工から1年後に28階西向きの部門に異動となり、窓から富士山が遠くに見え、毎日見ていました。
その後、富士山の写真を撮るように心がけるようになった。
なかなか良いシャッターチャンスはありません。技量もしかりです。






富士三景 - 楳本 龍夫さん
富士山を三か所から眺めてみました。
地図と合わせてご覧ください。




 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります