COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の広場> 衛星中継50年特集> 初の日米間宇宙中継実験の思い出 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
 
  投稿


   衛星通信実験50周年記念投稿

 

初の日米間宇宙中継実験の思い出

本間 強   

 50年前の昭和38年にKDDに入社した小生の最初の赴任先は、予想もしていなかった茨城県多賀郡十王町(現日立市十王町)に建設されたKDD研究所茨城宇宙通信実験所でした。 赴任当時は衛星追尾用6mアンテナが完成しており通信用20mアンテナが建設中で、 ビーコン送信機をヘリコプターや自動車に搭載して衛星追尾用アンテナの模擬追尾実験が行なわれている最中でした。 7月に入り米国の通信衛星(Telstar衛星)の追尾実験が行われ、衛星追尾実験に成功いたしました。
 20m通信用カセグレンアンテナが完成したのち、実験所の南方約5.5km、標高377mの石尊山に設置されたコリメーション(擬似衛星装置)と対向して20mアンテナの性能試験が研究所の方々(西田さん、横井さん、佐藤さん、山田さん)により行われました。 小生もお手伝いで研究所の西田さんと一緒に石尊山で測定機器の操作のため一夜を明かしたこともありました。
 小生はその当時、衛星軌道データ(数十秒間隔の方位角と仰角のデータ)及び追尾アンテナからの追跡角度情報を用いて電子計算機により通信用20mアンテナを制御する指令制御装置の運用・保守作業を行っていました。 実験が行われる数時間前に指令制御装置の電源を入れて立ち上げ、研究所から送られてくる5単位符号の衛星軌道データを紙テープで受信し、それをテープリーダーにセットして研究所の方の到着を待つのが主な仕事でした。 当時の電子計算機は演算素子が磁気コアを使ったパラメトロンであり、記憶装置は磁気コアメモリーで構成されたもので、演算素子や記憶素子が目に見える大型の装置でした。 現在のパソコンと比較しますと非常に低性能でしたが、それでも0.1秒毎に衛星軌道データとアンテナ指向角度との差を計算して誤差信号を20m通信用アンテナに伝える能力がありました。 研究所の渡辺さん、市川さん、小野さん及び高橋さんから指令制御装置の操作方法やソフトウエアの仕組みを教えていただきましたが、この時の経験が後々の小生の仕事に大変役立ちました。
 20m通信用アンテナの性能試験を終えたのち、11月下旬に米国の通信衛星(Relay衛星)を使った米国からの初のTV伝送実験が行われることになりました。 本番は11月23日の早朝に行われましたが、当日は午前2時頃から準備作業が行われました。 日本で初の衛星TV中継実験ということでNHKのTV中継車が実験所に配置されましたが、指令制御装置が設置されている部屋は実験全体をコントロールする管制室でもありましたので、その部屋に中継用カメラが入り実況中継するアナウンサーも控えていました。 当時の通信衛星は静止衛星ではなく低軌道の周回衛星であったため、日米間で相互に衛星が見える時間は限られており概ね20分間程度しか通信できませんでしたが、米国からの衛星TV伝送実験はトラブルもなく予定時刻どおり開始されました。 皆さんご存知のとおり、TV伝送実験で伝送された内容はケネディ大統領が暗殺されたという予想もしなかった大変ショッキングな内容でした。 追尾アンテナ及び20m通信アンテナサイトで実験に従事されている方々はTVモニターラインが用意されていなかったので伝送内容を見ることができませんでしたが、小生はたまたま指令制御装置の担当であったのでこの歴史的な映像とNHKのTV中継の様子を全て目の当りにすることができました。 今でも当時のことを記憶していますが、数年前にNHKで当時の実験の様子が放送されたことがあり指令制御装置の周りで動き回っている小生がチラッと映っていました。
 歴史的な衛星TV伝送実験を経験して以来、衛星通信の素晴らしさに魅了され専ら衛星通信関係の仕事に関わってまいりましたが、貴重な体験をする機会に恵まれたことは大変幸運でありました。


※ 映画「衛星通信」に出演したk-unet運営委員とは、本間強さんでした。



 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります