COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の動向> 同期会> 41・42合同ゴルフコンペ> バックナンバー 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
第8回41年・42年入社組対抗ゴルフ・コンペ模様

 開催日時   平成25年10月23日(水)
2 開催場所   入間カントリー倶楽部
 参加者(敬称略) 15名
   41年組  桑山晶次、高井謙次、田中成欣、爪川章*、中川功、三上達郎*、仲川達雄
   42年組  青木洋隆、浅野秀浩、太田正己、大野善弘、衣畑晃治、塚田一幸、西山昭一、古谷清二*
   (注)*印の方は「助っ人」としてご参加頂きました。お三方に感謝申し上げます。

 模様
  台風26号が伊豆大島に多大な被害を齎したその直後に発生した台風27号の影響でゴルフ当日の天気が危ぶまれました。しかし、当日は曇り空との予報を得て、最終的に前日に対抗コンペの実施を決めました。
  当日は、出だしの一ホールは弱い霧雨模様でしたが、その後は最終ホールまで全く雨に降られることなく和気藹々且つ盛会のうちにコンペを全うすることができました。 これも参加者の強運の賜物です。

  41年・42年組は人柄は良く、KDDのなかでも自慢できる連中ばかりですが、少々口が悪いのも一つの特徴です。この口の悪さに助っ人として参加頂いた3名の方々は最初若干戸惑われた感があったようですが、そこは、一ホールを終れば41年・42年組に染まられたようです。

  今回も前回(今年5月)同様入間CCで対抗戦を実施したのですが、前回に比べ全般的に苦戦、スコアが伸び悩みました。原因は台風と曇天の影響によるものか、はたまた、加齢による体力・集中力の減退によるものか、判断が分かれるところです。 

 口うるさいメンバーの中にあって、何時もジェントルマンとして冷静沈着な大野善弘さんがネット・パー・ゴルフで優勝されました。 パーティ席上、優勝された大野さんの栄誉を大拍手で讃えました。

 対抗ゴルフ・コンペと銘を打っている以上41年組、42年組のどちらかが勝ちました。でも、負け組にもプライドがあります。 k-unetの皆様には内緒です。

 昔の仲間との和気藹々のゴルフは気分爽快です。来年もこの対抗戦を続けます。

 なお、本報告者の成績はB・Bでした。
 以上 
(文責 仲川達雄)
 
41・42合同ゴルフコンペ
41年対42年入社組対抗ゴルフコンペ

KDDへ昭和41年および42年に入社した同期で平成22年4月に対抗ゴルフコンペを開始しました。
それまで別々に同期コンペを実施していたのですが、同年代のこともあって一度合同でやろう、折角なので対抗戦にしようという事になり春秋の年2回に双方8名ずつの4組で実施しています。

これまでの対戦状況は次の通りです。

第1回
平成22年 4月23日(金)
桜ヶ丘CC
41年組の勝
第2回
平成22年11月18日(金)
GMG八王子CC
41年組の勝
第3回
平成23年 5月26日(木)
狭山CC
42年組の勝
第4回
平成23年11月10日(木)
武蔵松山CC
42年組の勝
第5回
平成24年 5月16日(水)
東京国際GC
41年組の勝
第6回
平成24年10月11日(木)
入間CC
42年組の勝
 
第5回41年対42年入社組対抗ゴルフコンペ
第5回の対抗コンペは、平成24年 5月16日(水)快晴の東京国際GCで行い、41年組の勝となりました。
今回の参加者は、
41年組 大川典久、桑山晶次、高井謙次、田中成欣、中川功、仲川達雄、巻田文男、山本昭男
42年組 青木洋隆、浅野秀浩、遠藤静夫、太田正巳、大野善弘、衣畑晃冶、塚田一幸、西山昭一
    (あいうえお順、敬称略) (注)42年組の遠藤さんは冨澤さんの都合が悪かったため助っ人として入っていただきました。

毎回和気藹藹とプレーし、表彰式後の懇親パーティーでは当日のプレーの反省だけでなく、近況や昔の思い出などいつふけるともなく談笑が続きます。出席した皆さんは毎回改めて“同期っていいなあ”と感じていることと思います。
次回は本年10月11日(木)に場所は未定ですが、いつも通り4組で実施する予定です。
もしこのようなコンペにご興味を持ち一度対抗してみたいというご希望の同期入社組(原則8名)がおられたら上記の誰でも結構ですのでお声を掛けていただければ幸甚です。
(第5回幹事 高井 記)