COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の動向> 同期会> 41会 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
  同期会

 
 41会 の ページ
 
-昭和41年入社の同期会-

41会とは
 41会とは昭和41年入社の業務系、技術系および電話系社員の同期会です。
昭和41年は不況の真っ只中で、採用人数は業務系、技術系合わせて11名と少数でした。そのためもあって、同期のまとまりが当初から非常に良いです。また、電話系は当初24名いましたが、訓練期間中ほぼ一緒だったこともあり、電話系、業務系、技術系と合わせて同期会を作ることになりました。会の名前は当初「しじゅうひとつかい」(始終一つ会)と呼ぶことになっていましたが、名前が長いのと、今更そんな呼び名も気恥ずかしいということか、最近はもっぱら「よんいちかい」と呼ばれています。
 現在の会員数は電話系の12名を含め、総勢23名です。


41会の会合
 会の結成当初はしばしば飲み会、ハイキング、スキー等が催されましたが、いつしか間遠になり、殆ど途絶えていました。それが、20年ほど前、何かのきっかけに同期会が開かれ、それ以来、織姫と彦星が年に1回出会う七夕祭のイメージで毎年7月に食事会を開いています。


41会ハイキング
 毎年7月の食事会は恒例となっていましたが、会員の一人が神奈川県の大山の近くに住んでいることから、平成20年秋に41会での大山へのハイキングが企画され、ハイキング後、参加者はその会員宅でご馳走になりました。それ以来、毎年秋、日帰りで東京近郊の低山へのハイキングを続けています。


41会ゴルフ
 時折、会員同士でゴルフをプレーしていましたが、平成18年秋に会員同士のゴルフコンペが開催され、それを機会に毎年春秋に41会のゴルフコンペを開催することにしました。そして回数を重ね、第8回目のコンペを平成22年春に開催を検討するときに、昭和42年入社組との対抗コンペの案が出され、異議なく了承され、実施されました。その結果、41会単独でやるよりコンペが盛り上がり、楽しいということで、それ以来、毎年春秋に42年入社組との対抗コンペが開かれています。
(対抗コンペの詳しい内容につきましては、高井幹事の書かれた「41年対42年入社組対抗ゴルフコンペ」の記事をご覧ください。)


最近の活動例
<平成23年ハイキング>
 平成23年のハイキングは11月18日(金)に行われました。当日は天気が好転し、女性3名・男性5名計8名の参加を得て、爽やかな秋の空気の中、飯能市の能仁寺、天覧山と多峯主山(とうのすやま)、吾妻峡、飯能河原を巡るハイキングを実施しました。多峯主山の山頂では360度のパノラマを展望しつつ軽食をとり、御嶽八幡神社参道の長い階段を下って吾妻峡へ。想定外の渓流歩きまで敢行し冒険気分を味わった後、岸辺の林中の「櫟庵(くぬぎあん)」の囲炉裏テーブルを囲んでそば会席を賞味、楽しく懇談するなど、変化に富んだ一日を過ごしました。











 


<平成24年七夕例会>
 平成24年の例会は7月20日(金)、女性陣5名を含む12名の参加を得て、西新宿の野村ビル49階「祢保希」(ねぼけ)にて18:30より開催されました。欠席の方々のメッセージ紹介に続いて、出席者各位から、趣味や各種活動等に関する様々な報告がなされ、賑やかに語り合い、記念撮影の後、21:20に散会しました。
 トピックスは、ボランティア活動(NPO/コミュニティ/市民活動、介護活動、障害者支援、外国人学童支援等)、趣味(旅行、各種スポーツ、ブリッジ、音楽、フラダンス、謡曲等)、着物リメイク、親族や健康の話など多岐にわたりました。


 











(文責 大川典久)
 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります