COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の動向> 同好会> 昭和会のページ 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
  同好会

 
 


昭和会のページ
昭和会・当面の予定 9月号
昭和会の広場・掲示板 9月号


昭和会について


バックナンバーは
該当する年をクリックしてご覧ください
 

2018年  2017年  2016年  2015年




  
 
2015年コンテスト応募作品 伊藤辰夫さん『いもり池と妙高山』
 
昭和会・当面の予定9月号
 
A.昭和会、当面の予定 平成30年(2018年)9月号1日号


 <平成30年9月の予定>
  ◎<ゴルフ関係>
    ・昭和の森ゴルフGC    9月 3日
    ・川越グリンクロスGC   9月10日
    ・千葉国際GC       9月21日

  ◎<懇親会関係>
    <小田急線・相模大野懇親  9月17日 目利きの銀次>
    <赤羽地区懇親会>     9月 1日 大庄水産>
    <所沢地区懇親会      9月27日 百味>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <平成30年10月の予定>
  ◎<ゴルフ関係>
    ・昭和の森ゴルフGC    10月 1日
    ・川越グリンクロスGC   10月 8日
    ・千葉国際GC       10月  日  予定
    ・東我孫子GC       10月 9日

  ◎<懇親会関係>
    ・大宮地区懇親会      10月 1日 庄や
    ・三鷹地区懇親会      10月15日 白木屋
    ・横浜地区懇親会      10月15日 JR横浜駅B2・「えん」
    ・千葉地区懇親会      10月未定日 ミライザカ(未来坂)
    ・柏地区懇親会       11月26日 ミライザカ >br>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <平成30年8月の実施状況>
  ◎<ゴルフ関係>

    ・昭和の森ゴルフGC     <酷暑のため、お休み>
    ・川越グリンクロスGC    <酷暑のため、お休み>
    ・千葉国際GC        <酷暑のため、お休み>
    ・東我孫子GC        <酷暑のため、お休み>

  ◎<懇親会関係>

    ・大宮地区懇親会     8月 6日 庄や
      <懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談してすごしました>

    ・三鷹地区懇親会     8月13日 白木屋
      <懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談してすごしました>

    ・横浜地区懇親会     8月20日 JR横浜駅B2・「えん」
<今日は塚原さんの誕生日、塚原夫妻が参加して盛り上がった。奥さんの京子ちゃんと会ったのは何十年振り、懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談して過ごしました>
塚原達也、塚原京子(旧姓 小出京子)、天沼松次郎、大谷恭子、竹田文子、杉山美由紀、佐藤正武、星山文雄 など

    ・千葉地区懇親会     8月 7日 ミライザカ(未来坂)
      <懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談してすごしました>

    ・柏地区懇親会      8月27日 ミライザカ
<懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談してすごしました>
参加者 8名:(順不同) 吉田啓二、相田忠則、北村秀二、 塙 義則、小川勝也、
秋葉 功、青柳敏弘、森田孝志。など次回は11月26日

    ・所沢地区新年会     9月27日 予定 百味
      <懐かしい仲間たちが集まり、楽しく自由に放談してすごしました>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <我が腰痛・腰部脊柱管狭窄症ものがたり>         (星山記)

A)最初に腰痛になったのが昨年の2月17日でした。腰が凄く痛い。バス停から家までの下り坂が痛くて歩けない。ダンスもダメ。通院中の整形医Aは、坐骨神経痛の診断で腰の牽引と膝の電気治療の継続だった。骨はまだ大丈夫だと云う。しかし牽引だけでは余り効果もない、近くの接骨医にも通ったりした。


B)その中にダンスの友人の紹介で、腰の筋肉強化リハビリ整形医Bに通うようになった。その整形医Bでは、腰部脊柱管狭窄症の診断で、早速、腰周辺筋肉強化のリハビリマッサーが理学療養士の指導で行われた。そしてそのストレッチは毎日家でも朝・昼・晩の3回家で自分でもやれと云う。


C)B整形医は横浜サッカーの嘱託医もやっている。これは少し効き目が有りそうだ。継続だ。その頃、胃腸病院の先生に腰痛を話すと、ヘルストロンを勧められ、そこにも通っ た。整形医Aは週2回。整形医Bは週1回(その外、家でのストレッチ朝・昼・晩)ヘストロンは週3回と忙しい毎日だ。


D)そして、午後のダンス以外は、スポーツセンターで水中歩行などで身体を動かした生活が始まった。こんな生活を続けて1年半、何時の間にか痛みも治った。7月末には、腰痛も無くなり、無理しても違和感も出て来ない。完全恢復に近い。助かった、腰周辺の筋肉強化リハビリが効果か有りだった。万歳だ。


E)現在は予防を兼ねて、整形医Aは週1回。整形医Bは2週間に1回、無料のヘルストロン週3~4回、スポーツセンターは週3~4回、通っています。勝手に、100点満点で効果測定すると、整形医A・20% 整形医B・70% ヘルストロン10% スポーツセンターなど30%位かな。

 <最後に米寿の健康法をお聞かせください>
 とんでもないよ。胃は切除するは、腰痛(腰部脊柱管狭窄症)にはなるは、白内障の手術、最近は難聴がひどく嫌なことは全然聴こえないよ。四苦八苦の苦労ばかりだ。人さまに自慢できる健康法など全然無しだよ。でも、強いて云うなら<健康のためには楽しみながら四苦八苦して動き回ることかな>


 
昭和会のひろば・掲示板9月号
 
B.昭和会のひろば・掲示板 平成30年(2018年)9月1日号

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ <AAA BBB さん>   匿名希望

 一昨年初秋のとある日、孫娘の一人が若い男と一緒に我が家にやって来て、言うことには、「私たち結婚します」だった。その孫娘はまだ大学生の身とてびっくりした。で、二人の両親の意向はどうなのかと尋ねたら、いずれも異存なしとのこと。であれば、我ら老祖父母があれこれ言うことは何もない。学校の方は退学などせずに続けるとのことで、もう二年半のことだから、何とかがんばってと励ましたのだった(尤も婿さんの方は医学部なのでまだ丸二年半学業を要するとのこと)。

 昨年春がまだ浅い頃にその孫娘がまたやって来て、「八月に赤ちゃんが生まれる」とのこと。その昔「一姫二太郎三サンシー」とやらのコマーシャルがあった。さてはそのサンシーに失敗したかとふと思ったが、失敗などという状況ではないだろうと思い直した。赤ちゃんが生まれなくなって困っているこのご時世、よくぞ産もうとしたもんだと内心密かに孫娘をほめたものだった。孫娘は大学を一年休学して出産に備えると共に育児に専念する由で、さもありなん、大きなお腹をしての通学では本人は元よりだが、先生方や仲間の学生だって気を遣うだろうと思った。

 去年の終戦記念日の昼間、無事出産し、予後良好と孫娘の母親、つまり我が娘からまだ分娩台に横になっている母子二人の写真付きのメールが送られて来た。見ると、赤ちゃんが大きな口を開けて泣き叫んでいる横で孫娘がほほえんでいる図とて、こちらも大喜びした。この母子一家、我が家に近い所に住んでいることから、時々我が家にやって来る。いつぞやその孫娘に「よく赤ちゃんを産もうと決心したね」とほめたら、孫娘曰く「だっておじいちゃんがいつか曽祖父になりたいなあと言っていたじゃない」と。

 こちらはまったく覚えていないのだが、もしかしたら孫どもと雑談している時にそんな願望を漏らしたかも知れない。一昔前、我らが若い頃だったら、傘寿をちょっと超えた我が身に曽孫の二人や三人いても不思議でないことだろうが、核家族化、少子化した現在では珍しいことかも知れない。孫娘は、我ら老祖父母を慰めようとして、我が子の写真をネットの「mitene」というサイトにアップロードすると同時にそのことをメールしてくれる。で、そのメールが来ると、早速サイトにアクセスして動画、静止画を見るのが楽しみとなった。

 その曽孫(男の子)、この夏休みにも我が家にやって来た。満一歳になったので、まだ自立歩行は無理としても、何かにつかまって伝い歩きはお手のもの。それに手が届く物は何でも引っ張り出して、なめる、かむ。挙句にポイッと捨てる、とあって、「行くよ」の予告があると、彼の手の届く範囲には危険物置くべからずとお迎えの準備に大忙しとなる。歯も上下計5本生えた。よく笑う。何か叫ぶ。拍手する。アイアイと言いながら人に何か呉れようとする。曽祖父はご機嫌を取りたくて、幼児向けのお菓子を大量に仕入れて与えようとするのだが、曾祖母と母親に常に阻止されて憮然となる。そんな近頃です。
(A生)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎<ピアーダ (8)> 【法律を遵守し交通規則を守りましょう】

交通取締りをしている警官が、猛スピードで赤信号を突破してきた車を停止させた。
  そして、丁重に、、、警官 「セニョール、信号無視とスピード違反を犯して
  いるんでがね! 免許証を見せて下さいませんか?」
 男  「免許証? 持ってないね。最後の違反を犯した時、取り上げられたんでね」
 警官 「免許証を持ってない? それじゃ車の"所有権証明書"を見せて下さい」
 男  「ああ、この車は私のじゃないんだよ。盗んだんだ」

 警官 「盗んだんだって?」
 男  「そうだよ、"所有権証明書"は収納ケースの中にあったような気がする、ピ
    ストルを仕舞ったときに見た気がする、、」
 警官 「拳銃を持っていると言うんですか? 収納ケースに拳銃があるんですか?」
 男  「そうだよ、この車を盗むときに持ち主を殺して、後ろのトランクに押し
    込め、その後で拳銃を収納ケースに入れたんだ」
 警官 「ええっ、 死体がトランクにあると言うんですか?」
 男  「シイー、セニョール!」

 警官は 即座に無線で本署に緊急連絡、数台のパトカーがサイレンけたたましくや
     って来て、隊長が男に近寄った。
 隊長 「セニョール、免許証をお持ちですか?」
 男  「ええ~ 勿論、これですがね」
 隊長 「この車の持ち主はどなたでしょうか?」
 男  「私に決まってますよ。これが"車両所有権証"です、どうぞ確かめて下さい」
 隊長 「その収納ケースをゆっくりと開けてくださいませんか、、、拳銃があるか
     確かめる必要があるんですよ」
 男  「勿論です」
     収納ケースに拳銃は見当たらない。
 隊長 「すみませんが、後ろのトランクを開けて下さい」
 男  「勿論、どうぞ」

    隊長はトランクを覗いたが何も無い、警官から緊急通報された死体は見つ
    かりません。
 隊長 「どうも不思議だな、貴方を停止させた警官の通報では、貴方は免許証を持
    たず、車は盗難車で拳銃を隠し持って収納ケースに入れており、その上死体を
    トランクに入れて運んでいると、、、、」
 男  「ええっ~ 何と言う大嘘を!! その警官は大嘘つきですよ、信号無視を
    してスピード違反をしているなんて戯言、大嘘を言うんですから困ったもん
    です」

 教訓 ★人間の行動には「発想の転換」と「逆転の発想」が必要である。

 

昭和会について

  
<そもそも、昭和会とは何んですか>

<俺にも判らない> 昔,大正生まれの人たちが大正会を作って頑張って遊んでいた。今度は、昭和一桁生まれの定年が近づいて来ました。定年後はどう生きて行くか、悩んだ結果その不安解消策として自然に昭和会に発展して行った気がします。従って、昭和会の目的や趣旨は参加者一人一人の心の中に有るのだと思います。「昭和会春の懇親会」「昭和会ゴルフ」「昭和会各地区飲み会」「昭和会東西南北合同交流会」などに発展して行きました。

<昭和会の掲示板とは何んですか>

<俺にも判らない> でも、長年の間、昭和会当面の予定を作成して来たが、無味乾燥なスケジュール表だけでは、読む人も飽きているし、大体作成する人が飽きて来た。「止めたい」と云うと有った方が良いから「止めるな」という。もっと心の籠ったものが無いかとずーっと迷い思案して来ました。そして、それが皆んなの交流の広場―自由に投稿出来る掲示板の誕生です。誰でも自由に掲載出来る掲示板です。マアお気軽に利活用して下さい。
 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります