COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の動向> 同窓会> 元茨城会 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
  同窓会

 
  元茨城会のページ
 

元茨城会開催のご模様


元茨城衛星通信所在籍者が想い出話に花を咲かせる会

日時:平成27年11月21日(土) 15:00~17:30
場所:SKYGUILD 新宿住友ビル49階

 昭和38年に茨城宇宙通信実験所として開所し、その3日後にケネディ米大統領暗殺の悲報を日本で初めてTV中継(当時は宇宙中継)したことを皮切りに、国際衛星通信のさきがけとして幾多の功績を刻んできたKDDI茨城衛星通信センターがその44年の歴史に幕を下ろしてから、はや9年が過ぎました。
 振り返れば、開所から通信所に在籍された方は総数444名にのぼりますが、閉局以降にまとまった形での集まりとなったのは今回が最初となります。

 会の名前は「元茨城衛星通信所在籍者が想い出話に花を咲かせる会」。
こんなに長い会名は覚えられないので通称を「元茨会」とし、老いも若きも当時にタイムスリップして、面倒なこと抜きで今だから話せるあんなこと・こんなこと等、想い出話に花を咲かせながら大いに若返って親睦を深めようという会です。

 受付を済まして会場内に入ると、もうそこは懐かしの高萩の地そのものと化していました。ロマンスグレーやスキンヘッドに変貌を遂げたオヤジさん達が「ちゃん」付けで互いを呼び合い、「いやぁ、変わらないね」、「奥さんは元気?そうか~良かったね」、「で、今何やってるの?」とそこかしこで会話が弾んでいます。
 現役バリバリの40代から還暦はもとより古希・八十寿代まで、集まった人数は92名、なんと通信所在籍者(存命者)総数の1/4が結集、ネームカードに印刷された若かりし頃の写真を糸口として、場内に映し出される懐かしい写真の数々、お酒も相まって忘れていた血気盛んな頃が蘇り、会場内は大音量マイクが届かない程の熱気と盛り上がりようでした。
 そして、予定した時間はあっという間に過ぎ行き、名残惜しいなか元気な笑顔での再会を約して長老・田崎久太郎さんの一本締めで散会となりました。
 既に閉局となった職場にも係らず、親睦のためにこれだけの方々が参集したことは、
社宅・寮・職場が接近していた地方事業所ゆえの結束力だと思います。疲れを知らずに飲み・遊び・仕事に邁進した当時の日々の思い出を過去のものとはせずに、これからの生活の励みとする気概が伺えたとても有意義な懇親会でした。
「さくら宇宙公園」となった通信所跡地には、私たちのシンボルであるパラボラアンテナが天文観測用として今でも宇宙の彼方を見つめています。懐かしくなったなら、是非訪れてみましょう。きっと、優しく迎えてくれるはずです。

文責:幹事 佐久間信幸  


二次会の模様


「元茨城衛星通信所在籍者が想い出話に花を咲かせる会」進行表



 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります