COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 会員の広場> 会員からの投稿> サッカークラブ搭乗機墜落 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
  会員の広場
 
  会員からの投稿
 
樫村慶一さんの投稿

ブラジルのサッカークラブ選手が搭乗していた飛行機が墜落

樫村慶一 

 ブラジルのサッカークラブ「シャベコエンセ」の選手らを乗せた飛行機が、2016年11月28日夜、コロンビア北西部のメデジン近郊で墜落した。同機には乗客72人、乗員9人が乗っていたが、現地警察による6人が生存しているが残りは全員死亡した。
 同クラブは、ブラジル南部のサンタカタリーナ州シャペコが本拠で、同国全国選手権第1部に所属。
 搭乗者の中には、J1神戸を率いたカイオ・ジュニオール監督、元セロッソ大阪やJEF千葉で活躍したケンペス選手、元柏レイソルのクレーベル選手元京都のチェゴ選手、元川崎のマイア選手らの名前がある。飛行機はサンパウロからボリビア経由でメデンに向かっていた。現地は悪天候だったと言われている。 ご冥福を祈りたい。
  この事故は新聞やテレビで大きく取り上げられてが、普通は墜落した機種について報道されるのに今回は出ないので、南米によくある、とっくに博物館行きのおんぼろ飛行機かと思って調べたら、結構新しい飛行機である(初飛行1981.1)。

 BAe(ブリティッシュ、アエロスペース社が開発製造したAvro RJ85型機。82人~112名乗りの4発ジェット機で、比較的短距離を就航するリージョナブル・ジェットとして開発された。同型機と異なり、低騒音,高離着陸性能を狙っており、敢て4発にして、ジェット機には珍しい高翼構造を採用した。そのため、短い滑走路や騒音制御の厳しい空港を発着する近距離路線に就航している。
騒音規制の厳しロンドン空港でこの機体を多くみることができる。   樫村 慶一 (2016.12.5記)
 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります.