COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > 暮らしと趣味> 趣味の広場> 映画・演劇・歌舞伎 
 
 
 
transparent
k-unet(KDD-OBネット)
 
  趣味の広場


  映画・演劇・歌舞伎
 

トピックス


 会員からの投稿

  - 最近の話題の映画を観た -
         
 最近 話題の映画を立て続けに観た。「三度目の殺人」と「ダンケルク」、それに「ドリーム」である。

 三度目の殺人は、途中しばらく眠ってしまったせいもあるが、新聞や、テレビの宣伝などに言われているような、しかつめらしい内容は全く感じない。一番肝心の、三度目の殺人とはなんなのかが分からないのだ。三度目の殺人は起きていないのだから、わかるはずがない。レピーターが大勢いるなんて新聞に書かれているが、ひねくれた意味で言うと、題名の意味や筋道がよく分からないので、もう一度見直そうと思う人がいるんじゃないかと勘繰りたくなる。兎に角、全くの偏見だとお断りして申し上げると、私が映画芸術に無知なのかもしれないが、面白くもなんともない映画だった。よくよく考えながら見ると、作者の意図が分かるのかもしれないけど、映画なんて、100%娯楽なんだから、考えながら見るなんてことは、逆に邪道ではないかと思うのだが。

 「ダンケルク」は傑作である。クリストファー・ノーマン監督はCGを使わず実写だけと言うだけあって、殆どが海上シーンだけど、やっぱり迫力が違う。あらすじは、数人の英国の敗残兵が、街中から海岸へ逃げる途中に背後からドイツ軍に撃たれ、殆どやられて一人だけ海岸にたどり着くところから始まるが、ドイツ地上軍の兵隊の姿は一人も現れないし、最後までドイツ兵の姿は出てこない。結局、普通の戦争ものの、敵味方両軍が撃ち合うと言う場面が全くない、ちょっと珍しい構成である。
  映画のほとんどは、救出に来た赤十字船、輸送船、駆逐艦や、動員された民間の漁船、観光船などへ乗り移つろうと、工兵隊が簡単に作った桟橋に、行列を作って待つ兵隊の緊張感あふれる様子や、砂浜から水の中を歩いて直接船に乗り移ろうのとする緊迫した状況、乗った船がドイツ軍爆撃機や戦闘機(メッサーシュミット)に爆撃され撃沈される恐怖感、迎え撃つ英国軍戦闘機(スピットファイアー)との空中戦の様子などが大半である。特に空中戦の模様は傑出している。手に汗をにぎるほどに。
 観る前は、以前観た「ノルマンディー上陸作戦」のように、海岸で連合軍とドイツ軍の激しい撃ち合いがあるのかと思ったが、救出を待つ英国軍には背後に迫る敵への恐怖がそれほど現れていない。前に読んだものを思い出してみると、確かに、ダンケルクは、最後のところで、ドイツが手を抜いた、というか、とどめを刺さなかったのである。理由はいくつか言われている。①数日来降り続いた雨のため道路が泥海となり機甲部隊(戦車、装甲車で編成)が進めなかった,②この後パリへ侵攻するため英国軍側の死に物狂いの反攻で損害を増やしたくなかった、③制空権を完全に掌握したわけではないので空軍が②と同様の理由で反対した、などのようである。このためか、海岸に追い詰められながら、33万5000人が救出されたと字幕にはでていた。救出すべき英国軍(本当は英仏連合軍だと思う)は全部で40万だったそうなので、救出は大成功であろう。かなりの兵隊が助かったのだ。かって、私達年寄りは、「ダンケルクの悲劇」として教えられてきたが、実態はそれほどまででもなかったのかなと思った。

 そして3本目は米国映画「ドリーム」である。NASAが有人宇宙飛行開発に、ソ連のガカリーンに先を越されてメンツをかけて威信挽回をする様子を描いた映画であるが、色々興味深々の場面が沢山あるが、主役は3人の黒人女性である。彼女達は数学の天才や秀才の科学者の卵で、黒人であるが故に差別される話が心をなしており、次第に敬意を払われるようになっていく実話をもとにしたものである。
一人の女性は小学校で難しい3次方程式をといたりして、飛び級で上級学校へ入る。他の2人も似たようにきわめて頭が良い。 しかし時代は、まだまだ白黒の差別が激しい頃で、トイレにいくにも800メートルも離れたColoredとかかれた有色人種専用トイレ迄走らなくてはならないとか、ロッカーももちろん別だし、資料にもあちこち黒く塗ってあって、黒人だからと言う理由で差別されていたし、いくら優秀でも管理職になれないとか、1961年にNASAが宇宙開発を開始した当時の差別時代が色濃くでている。
  最初の有人宇宙飛行は地球を3回周って大西洋に着水するのだが、その着水場所を主役の黒人女性が、さらさらと、黒板に暗記しているように、数式を書いてピタリと当てるのをみた本部長達がようやく彼女たちの存在に敬意を表するようになる。次第に彼女たちの実力が認められ、差別の壁が壊されていく。そして、1969年の月への着陸へ繋がるのだ。彼女たちは私達と同年代で、現在も90歳前後で健在である。黒人とは思えない上品な顔形で優雅な老後を送っている。おもわず拍手がでた。
 私が特に感銘を受けたのは、時代が1960年代でNASAが使っていたコンピュータはIBM(型番忘れ)の大型のもので、KDDがTAS (国際電報自動処理システム)の試作試験から実用化システムを完成((1971年)させるまでの期間と丁度重なって、大手町ビル5階の開発室にあった大きな磁気ディスクやコンソール・パネルや、プログラムを入力するパンチカードや読み取り機など、当時の富士通FACOM230-60の大型システムにそっくりな様子が出て来て当時を思いだしたことである。ただ、やっていた仕事が月とスッポンほどの違いがあるのに憮然たる思いがした。

 最初のはとにかく、後の2つはどちらも一度ご覧になることをお勧めする。

2017.10.5  樫村 慶一 記



予告編

 




 

掲示板

映画の話題・情報交換の場[根記事一覧]

一件も該当記事はありません。

おすすめリンク集

 
演劇・歌舞伎ファンのページ
 

リンク集

トピックス

新春大歌舞伎 【新橋演舞場】

 歌舞伎というものは、日本の数ある伝統芸能の中でも独特の権威と雰囲気があるように思えます、そのため、若い頃から、なんとなく近寄り難い世界と思い、見ようともせず、また見たいとも思いませんでした。しかし、齢(よわい)を重ねるにつれ、なんとなくそれまで禁断の城とさえ思えていた歌舞伎座に、一度は入ってみよう、せめて一度は見てみようなどと思うようになりました。もう20年位前のことです。そして、いつしか正月公演と夏頃と、年2回ほどが習慣になりました。今年の新春歌舞伎は10日に行きました。2013年の新春歌舞伎は新橋演舞場での最後の正月公演になります。2012年は雀右衛門、勘三郎と大物が二人も亡くなりましたし、團十郎がなんだか重病にかかっているように伝えられているなど、余り良い年ではなかったかもしれません。しかし、今年2013年は、春には新しい歌舞伎座が完成するお目出度い年です。良いことがあると思いたいものです。
 さて、だしものは、写真のパンフレットのように、正月ならではの4本立てです。始めは例により踊りで始まります。能楽の「翁」を題材とした「壽式三番叟」は天下泰平、五穀豊穣、国土安穏を祈ると言われる舞踏です。初春を寿ぐご祝儀舞踏の代表作と言われていますが、鑑賞眼の素人には今一つ地味な感じでした。2番目の「車引」は菅原道真の二人の家来が、主人を追い落とした藤原時平への恨みを晴らそうと、時平の牛車に襲いかかるがそれを止めたのが時平の家来で、この3人は三つ子の兄弟ですが、今は敵味方に別れているというお話。「戻橋」は、有名な源頼光の家来渡辺の綱の話で、綱が鬼女の正体を見破り腕を切り落とすと言う有名な話です。しかし、昼の部のお目当ては、やっぱり、四つ目の「傾城反魂香」でしょう。どもりの絵師又平に扮する吉右衛門が素晴らしい。言葉が不自由な又平に代わり女房のおとくが、師匠の土佐将監に対して、土佐の苗字を名乗らせてもらいたいと頼みますが、功績がないため許しがでない。将来の望を絶たれた夫婦は死を覚悟して、今生の名残にと石作りの手水鉢の側面に自画像を描きます。すると、その絵が石を貫き反対側の面に写ると言う奇跡が起きる。それを見た師匠が感じ入って苗字を許す、と言う近松門左衛門の名作です。どもりと言うのは役の上だけのこと、吃音の台詞(せりふ)は全くないので役者は楽だったろうと思います。しかし、終盤の踊りがまことに華やかで、大きな振り付けで、喋らなかった分思い切って動き回っているようでした。

 新聞などの評によると、”話題豊富な華やかな新年の幕開け”となっていますが、いつもの正月歌舞伎と比べて、舞台が全体に暗いというか、原色の飾り付けが少ないと言うか、私には、あまり華々しさが感じられませんでした。特に最初の踊りの舞台も、普通は、提灯や飾り玉を周囲一面にぶら下げ、背景も色鮮やかなか壁紙になるのが、なんとなく地味な感じでした。さらに言うなら、観客の中に華やかな和服が少ないことです。これは、もうずっと前から、国立劇場でも感じていたことですが、正月と言わず普通の月の歌舞伎見物でも、ジーパンやジャージーのような寝巻きに毛が生えたような服装で、平気で来られる感覚のお客が増えてきたことです。客が沢山入りさえすれば服装なんて問題じゃないと思うか、それとも、やっぱり、歌舞伎、特に正月歌舞伎は艶(あでやか)やかな、日本の正月らしき服装を競う場になって欲しいと願うのか、さて、皆様はどちらに軍配を上げますか・・・・・。   (文:樫村慶一)


 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります