趣味の広場  - サイエンス

INDEX

最近の話題

参考サイト

リンク集

特集


 
最近の話題

赤い光で眼を「ワイヤレス充電」すれば視力が回復すると判明! 老化による視力低下は治せる時代になる

人間の網膜の感度は40才を超えたあたりから大きく低下しすることが知られています。

網膜感度の低下による視覚の低下は細胞自身の老化によるものであり、レンズのピント調節とは違って目薬をさしても治りません。

ですが今回、ロンドン大学の研究者による実験の結果、毎日3分、LEDの赤い光を見るだけで、年齢による網膜由来の視覚低下を大きく改善できることが判明しました。

 
基本原理は、電磁波式の充電器を模した「可視光によるミトコンドリアの充電」です。

赤い光によってどのように視力が回復するのでしょうか。

詳しくはこちら

こちらに赤い光を見るページを作成しました。クリックしてご利用ください。

 

新型コロナウィルス感染症流行

新型コロナウィルス感染症の流行に伴い、東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チームが感染予防ハンドブックを発行しました。

pdfにて配布されていましたので、再配布します。

右の表紙画像をクリックしてダウンロードしてご利用ください。

 


 

地質時代名に初の日本由来の「チバニアン」 国際学会が決定

地質時代の中で名前がなかった約77万4千年前~12万9千年前の時期が初めて日本由来の「チバニアン(千葉時代)」と命名されることが正式に決まった。審査していた国際地質科学連合(IUGS)から連絡を受けた国立極地研究所や茨城大学、千葉大学など、約20の研究機関が参加する日本の共同研究グループが17日発表した。

詳細は、こちらをクリックして、サイエンスポータル(科学技術振興機構)の記事をご覧ください。

記事のpdfは上記サイトのほか、 こちら からもダウンロードできます。

参考サイト

電気学会 社会連携委員会

電気学会 社会連携委員会のホームページをご紹介します。
電気のプロが社会に向けて発信する情報が得られます。

*このホームページは、k-unetが製作を受託して作成したものです。

 

ホームページの画像をクリックすると新しいウィンドウで表示されます。

トピックス
 
家庭でできる科学実験  日本ガイシのサイトから

 

  特集:家の中にあるものでできる実験

 

沈んだバイキング船から発見  「太陽の石」の謎に迫る!

 

 

紙幣・切手になった科学者  ー アインシュタイン

 

イスラエル 旧5ポンド紙幣

 

アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績で知られる。

それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」とも評される。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞。

ユダヤ人であったアインシュタインは,イスラエル建国時,初代大統領への就任の話があったようです。また,遺言により遺産はイスラエルのヘブライ大学に寄贈されました。

(Wikipediaから)