3月21日(木)
COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > k-unet の活動> マンスリーレター 
 
 
 
k-unet(KDD-OBネット)
 
  k-unetの活動
 

 k - u n e t マ ン ス リ ー レ タ ー
No.102 2019年4月26日 

今月のお知らせ

■ 会員の状況
 新入会員:   なし
 退会会員:   3名
         4月25日現在の k-unet 会員数は 443 名です
■ 活動状況
 (1) 4月 9日 2019年度第1回運営委員会
 (2) 4月25日 2019年度k-unet年次総会
■ 予定
 (1) 6月18日(午前) 2019年度第2回運営委員会( 新宿区四谷地区センター)
 (2) 6月18日(午後) 2019年度第1回パソコン研修会 (同 上)
■ k-unetサイトの新情報
 (1) 会員からの投稿~ジェイン・オースティン「エマ」を読む
 (2) 会員からの投稿~四季雑感(47)

今月のコラム

担当: 本間 強  

 ☆ Widows 10 パソコンのブラウザー ☆

Windows 10 パソコンにはウェブサイトを閲覧するブラウザーが複数インストールされています。一つは Windows 95 当時から利用されている Internet Explorer(以後 IEと記載)、もう一つは Windows 10 から新規に導入された Microsoft Edge(以後 Edgeと記載)です。マイクロソフト社は最新技術を盛り込んだ Edge をWindows 10 の標準ブラウザーと位置づけして Edge の利用を推奨しています。互換性維持のために IE (Ver. 11)も引き続き利用可能でセキュリティアップデートも提供されており、サポート期限は一応2025年10月となっています。しかし、これ以上の機能改善は行われず、最近の情報ではマイクロソフト社はサポート期限を明確にできないと表明しています。 ( こちらのサイト をご参照ください)
原因は定かではありませんが、IE は古い設計で作られたブラウザーであり機能改善も行われないためか最近会員の方からパソコン質問箱に IE の動作がおかしい、あるいは起動しない、などの相談が数件寄せられています。IE が動作不安定になった場合の対処方法はウェブサイトを検索すると対処方法が見つかります。以下のサイトで説明されていますのでご参照ください。
  https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=018514
これでも回復できない場合は、IEの再インストールを実施すると初期状態に戻ります。手順は以下のサイトをご参照ください。
  https://togeonet.co.jp/post-10314

ところで、マイクロソフト社製より優れたブラウザーがあります。Windows 10 で利用できる代表的な他のブラウザーは Google が提供している Google Chrome や Mozilla が提供している Firefox などです。どちらも無料で利用できます。ダウンロード先は次のとおりです。
  Google Chrome : https://www.google.com/intl/ja_ALL/chrome/
  Firefox      : https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

ブラウザーのシェアーランキングは世界的には Chrome が 55.4 %、Firefox が5.37%、IE が4.53%、Edge が 3.16%であり、Chromeのシェアーがダントツです。日本国内では Chrome が41.5%、IE が13.7%、Firefox が5.8%であり、IE のシェアーが結構高い状況です( こちらのサイト をご参照ください)。利用者が多いということは機能改善がなされており使い勝手が良いとういことになります。Chrome の特徴はレスポンスが早い、便利な拡張機能が揃っている、プロセスがタブごとに独立している、Google のサービス(Gmail等)との親和性が高いなどです。

ご存知かもしれませんが、マイクロソフト社は Windows 10 の Edge について独自の機能改善をあきらめて2019年中に Chrome の基盤となっている Chromium(オープンソースのウエブブラウザーのプロジェクト)の技術を採用したブラウザーに変更することを表明しています。つまり、Edge と Chrome は同じ基盤を採用したブラウザーになるということです( こちらのサイト をご参照ください)。

色々な都合で IE を使い続けなければならない場合もあると思いますが、前述のとおり機能改善が行われないために動作不具合が発生する可能性があり、サポート期限も不明確な状況です。そのため、Edge や Chrome など、IE 以外のブラウザーに切り替えるか、あるいは複数のブラウザーをインストールして利用することをお勧めします。


あとがき

5月1日から元号が平成から令和に変わります。平成の時代は日本が関わる戦争はありませんでしたが、地下鉄サリン事件、阪神・淡路大震災、東日本大地震による大津波や原子力発電所事故、熊本や北海道の大地震、大型台風や集中豪雨による被害など、大事件や自然災害に見舞われた時代でもありました。
令和の時代は来年の東京オリンピックを機に活気があふれて自然災害が少ない平穏な時代になることを願ってやみません。

   マンスリーレター次号は 町田 香子 運営委員が担当します。

以 上   

 
 

バックナンバーは
こちら をクリック

総索引は、こちらをクリック

 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります