COPYRIGHT (C) k-unet, ALL RIGHTS RESERVED.
  


 
 
 
  このページは?: 
 
トップ > k-unet の活動> マンスリーレター 
 
 
 
k-unet(KDD-OBネット)
 
  k-unetの活動
 
 
k - u n e t マ ン ス リ ー レ タ ー
No.98 2018年12月25日 

今月のお知らせ

■ 会員の状況
 新入会員: なし
 退会会員: なし
       12月25日現在の k-unet 会員数は 444 名です

■ 活動状況
 (1) 11月22日 第4回PC研修会 まちだ中央公民館
 (2) 連載/まちだより/スマホレポート 更新
 (3) 12月21日 2018年度 第5回運営委員会

■ 予定
 (1) 1月22日(火)午後 2018年度第2回サロンk-unet料理教室とパソコンアート
          コンテスト投票結果の発表会(新宿区四谷地区センター11階調理工作室)
 (2) 2月12日(火)午前 2018年度 第6回運営委員会( 新宿区四谷地区センター)
 (3) 2月12日(火)午後 2018年度 第5回PC研修会   ( 同  上 )

■ k-unetサイトの新情報
 (1) パソコンアートコンテスト応募作品
    および投票呼びかけ(締切12月28日)
 (2) KDDI拾い読み Vol.200
 (3) 会員からの投稿~新刊書「通信の世紀」紹介


今月のコラム

担当: 鎌田 光恵  
 ☆ 頑張れ!Theresa Mary May!  ☆

 Theresa May英国首相は来年3月29日にEU離脱の条件をEUと合意しブレグジット(*)を実現しなければならない。しかし、与党保守党内部からその舵取りについて不信任を突き付けられ12月12日夜(日本時間13日早朝)信任投票が行われた。「自分の全てをかけて戦う」との決意で臨んだ結果、信任はされたものの保守党317名中メイ首相を信任したのは200名、不信任は117名という厳しい内容であった。
 2年前の2016年6月23日、国民投票で英国のEU離脱が大方の予想に反し僅差で確定。時の David Cameron首相はあっさり退陣した。後継者には5人の名前が挙がったが4名は辞退、EU残留派ではありながらがTheresa Mayだけが残る結果となり7月11日第27代保守党党首に選ばれ、そして第76代イギリス首相(Margaret Thatcherに次ぐ二人目の女性首相)に就任した。
一国の難局を動じることなく淡々と引っ張ってゆく姿に魅かれる。
個人情報をネットで調べてみた。
 1956年10月1日生まれ 63歳 身長172センチ、美貌、スタイリスト、単色スーツに大きなネックレスを好む。I型 糖尿病をもつ。
イングランド南部Eastbourne生れ、Oxford大卒 専門は地理学
父は英国国教会の司祭、一人娘。人々の幸せのために尽くす父の姿にあこがれ政治家を志し41歳で下院議員となる。現在の夫Philipとは1980年に結婚。子供はいない。心の支えは夫だそうだ。政治家同士で馴れ合うことを嫌い必要以上の付き合いをしないことから「氷の女」と呼ばれる。良く言えばサバサバしている。悪く言えば冷たい。鉄の女と呼ばれたサッチャー首相とダブるところがある。
もし12日の党首信任投票で不信任となっていたらメイ首相は辞任せざるを得なくなり国民投票のやり直しという混乱の事態などになっていたらと思うと恐ろしくなる。
さすがの氷の女首相も2022年の総選挙には立候補はしないと決めているらしい。
 (*) BREXIT(ブレグジット)Concise Oxford英英辞書にはない。2016年の造語である。
ネット上ではBritish Withdrawal from EU(英国の欧州連合離脱)との説明が付されているが勝手にBriton exit(イギリス人は出て行く)と訳してみた。
EUに加盟した時から通貨はポンドに固執しユーロには同調しないという独自性を好む国であるから「良いとこ取り」をする、しないの思惑にかかわらず、北アイルランドとアイルランドとの因縁深い国境問題など離脱協定成立まで漕ぎ付けるかどうか前途多難の数カ月が待っている。

あとがき

 BBCの今年の女性100人の中に日本人女性の高見澤摂子さん(90歳)が選ばれた。年齢に押しつぶされることなく通訳ボランティアを目指し英会話の勉強に励んでいる姿がテレビで報道された。いま自分にできることをして社会の役に立つ「(スーパー)ボランティア」は今年の流行語大賞の候補にも選ばれた。今年8月山口県周防大島で行方不明になった2歳児藤本よしきちゃんを見つけた尾畠春夫さん(78歳)の姿が印象に残る。災害地のボランティアに出かけることも良いことだがその前に自分の体が丈夫で寝食はすべて自前が原則とのこと。自分の足でしっかり立つこと、これこそ前提条件だ。個人的には、せめて、白杖を持った目の不自由な人が電車に乗ろうとする場に居合わせたら臆することなくヘルプの手を差し伸べたいと思っている。

   マンスリーレター次号は 北野 志津子 運営委員が担当します。

以 上   

 
 

バックナンバーは
こちら をクリック

総索引は、こちらをクリック

 


右の  のボタンをクリックするとページの先頭に戻ります