同好会のページ

 
 

   A 昭和会、当面の予定  2020年(令和2年)  6月1日号

<其の-1> ・3行PR欄

 イ)築40年の我が家でダニが発生。ダニに喰われ体のアチコチに湿疹が。ダニ退治の薬剤散布したが効果なし、最後は専門業者に依頼して床下、天井など徹底駆除で40余万円収束した。結局はねずみのダニだった。ロ)首の周りに湿疹が。庭に出た時に毛虫にやられたかな、医者に行ったら帯状疱疹だったが、ハ)素人判断はダメ
<KDDI・2020年3月期決算を発表> 2020年3月期の連結売上高は、前期比で3.1%増加し、5兆2,372億円となりました。連結営業利益は、前期比1.1%増の1兆252億円と19期連続増益となりました。<陰の声・世間では99%の企業、減収・減収で四苦八苦大騒ぎの真っ最中。申し訳ない気持も>
 毎回、西尾カウンセラーの記事を掲載していますが、1)昭和会ニュースの穴埋め原稿のためが40%。2)自分自身のためが40%。3)その他が40%です。<ストレスが沢山ある今は、時々頻繁に著者西尾氏の本を捲ったりして癒やしています> <気分が少し楽になります。もう少し続けますのでご容赦を>

<其の-2> <カウンセラー西尾氏の著書の目次です>
  <6月分> (希望者には本文をお届けします。 1人1項目のみ)
01日 目標を忘れていませんか? 05日 自分を守る鉄格子は、もうはずす
02日 小さな傷が大きな傷に 06日 いつか、涙が乾くときがくる
03日 子供時代の成長を取り戻す 07日 男よ泣け! 女よ怒れ!
04日 ころんだら、また起きればあいい 08日 無邪気に遊ぶ子どもの心を

09日 否定的な人に影響されないで 13日 嵐の最中に一人で闘うのはやめよう
10日 悪い習慣になっている態度を直す 14日 自分の中の感情と対話を
11日 心が動揺したときには深い呼吸を 15日 自分が憎ければ、人を愛せません
12日 いいときもあれば、悪いときもある    

  <6月分> (希望者には本文をお届けします。 1人1項目のみ
16日 ひもつきの助けは罪の意識を生む 20日 自然にふれる機会を
17日 疲れたときは短い昼寝を 21日 拒絶する自分と、拒絶される自分
18日 同じまちがいは三度繰り返さない 22日 人間関係を選のも、生きる技術
19日 何か一つ、自分の体によいことを 23日 暗中模索の過程で真実が明らかに


24日 誰もが隠しもっている心の宝石 28日 自分はどんな人と恋愛するのだろう
25日 止めてしまう人、とことんやる人 29日 本当にやらなければならないことは
26日 きれいな花を咲かせてみよう 30日 「人間誰にも欠点はある」
27日 恢復、改善の長い努力    

 

<其の-3>

<2020年(令和2年) 6月の予定>
◎<ゴルフ関係>
 <昭和の森ゴルフGC   6月 3日>
 <川越グリンクロスGC  6月 8日>
 <千葉国際ゴルフ     6月 5日>

◎<懇親会関係>
(コロナウイルス騒動で開催は不安定です)
 <赤羽地区懇親会>  6月 4日 大庄水産
 <三鷹地区懇親会   6月13日 白木屋
 <横浜地区懇親会>  6月  日 未定「えん」
 <千葉地区懇親会>  6月  日 ミライザカ
 <柏地区の懇親会>  6月  日 ミライザカ

<2020年(令和2年) 7月の予定>
◎<ゴルフ関係>
 <昭和の森ゴルフGC   7月 1日>
 <川越グリンクロスGC  7月13日>
 <東我孫子ゴルフGC   7月  日>

◎<懇親会関係>
(コロナウイルス騒動で開催は不安定です)
 <小田急線・相模大野懇親会> 7月13日 目利きの銀次
 <大宮地区懇親会>      7月  日 ウイルス中止
 <所沢地区懇親会>       未定(コロナウイルスの関係)
 <柏地区懇親会>          月  日 ミライザカ


<其の-4>

<2020年5月の昭和会実施状況は無し>

昭和会の5月の行事は、コロナの関係で中止・延期などが沢山となり、 掲載は有りません。


<簡単で面倒な・天声人語の音読>

今年の元旦から始めた、天声人語の音読が、4~5日分溜まってしまった。最近のコロナと昭和会ニュース(星山と樫村の紙上放談)の原稿作成などで、落ち着かずでサボっタからだ。認知症予防のためにも、また昭和会ニュースで公的に宣言したので、止める訳にも行かない。本日朝に頑張って皆んなクリアー整理した。少し気を緩めると溜まってしまうのが困る。


<コロナが猛威を振るう>

コロナによる緊急事態宣言は一応解除され、少しはホットしましたが、コロナはまだまだ残っていますし、生きています。3密も有ります。2波、3波も有ります。外出の自粛など、まだまだ大変ですね。我慢と辛抱かな。超高齢者は自分の健康維持を第一にしましょう。


<5月30日の朝日新聞>
  感染者 死者     感染者 死者
米国 172万1千  10万1千    スペイン 23万7千  2万7千 
ブラジル 43万8千  2万6千    イタリア 23万1千  3万3千 
ロシア 37万9千  4142    フランス 18万6千  2万8千 
英国 27万0千  3万7千    ドイツ 18万2千  8472人 

  A)世界 感染者 581万6706人  死者 36万0437人


  B)日本 感染者   1万7601人  死者     903人



<其の-5>

 「心の傷を癒すカウンセリング366日」(西尾和美)より抜粋

 

きれいな花を咲かせてみよう    (6月26日) 

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。


 ときどき、自分をしなびた草花のように弱々しく感じるときがあります。

 誰も水をくれたり、まわりの雑草を抜いたり、肥料を与えたり、耕したりしてくれないのでヒョヒヨロとしています。

 日もあまり当たらず、誰の目にもつきません。時には、踏みつけられたりして。傷ついている野花です。

 とても生き抜くことができそうにない草花でも、少し心を込めて世話をしてやると、丈夫なピンピンした草花になり、きれいな花を咲かせます。

 目をつぶって、自分が一つの好みの草花あるというイメージを浮かべて下さい。

 まわりの草取りをして、耕してやりましよう。堆肥を少しまき、水をやりましょう。

 この草花はどんどん伸び、強くなり、葉っぱが立派に広がり、見たこともないような、すばらしい花が咲きます。

 空気を大きく吸って吐き、目を開けましょう。

 

 

 
 

   B 昭和会・掲示板   2020年(令和2年) 6月1日号

  <其のー101>

  ◎  天沼松次郎さん  昭和会会員  (横浜市に在住)

<わたしのコロナ奮戦日記>
 「いまが我慢の時期ですよ」と外出自粛の毎日にいつものストレスから「逆流性食道炎」に。やっと連休明けの今日は快晴。近くの公園でジョギング、パークゴルフ場では、顔見知り仲間たちが和気あいあいと楽しくプレー中。

 このグループはほとんど毎日の常連で、力量はかなりのもの。連合町内会の大会では毎年優勝カップをさらってくる自治会の名物チーム。わたしは専属のカメラマンとして最高のサポーターを自負。「天沼さん一緒にやろうよ」といつものように声をかけられ、ストレス解消にと今日は思い切って初参加する。

 「昭和の森のゴルフコンペ」の参加を断念したわたしには助け舟。コースはハーフ9ホール(パー33)、1ランド18ホール(パー66)のプレーです。練習なしにスタート。コースはアンジュレ―ションが本コースとは雲泥の差。まっすぐに打ったつもりが曲がる。芝は刈ったばかりというが距離が合わない。

 苦戦の連続だがそれでもホールインヮンが2回。気心のしれた仲間とのプレーは愉快で楽しい。初回26、2回目は22であがる。結果8人でプレーして2位。ビギナーラックでしようと謙遜したが、明日も来てねと強引にクラブに入会することとなった。「スコアがいいから入会金は取りません」とキャップに歓迎される。コロナに負けずにきっと明日も参加するでしょう。
  以上



  <其のー102>

  ◎  谷口武志さん  横浜地区呑み会  (横浜市に在住)

 星山さん、皆さんこんにちは!若輩の谷口です。コロナ以外に特記することないけど、星山さんから言われると無下にできない。入社したては「チョンガークラブ会長」で若者の最高のお兄さんでした。本当に良い先輩を持てたと思っています。感謝、感謝、いつまでも元気で。お願いしますよ。

 今年は楽しみの「スキー」は温暖化や老齢化の影響をもろに受け、不本意なシーズンとなり、恒例の打ち上げ会もさすがに4月にもなると、コロナの影響をもろに受け中止しています。「ネット飲み会」へ挑戦しようかとも思ったのですが、年寄りの冷や水と笑われました。スキー仲間の藤本君とささやかな「ネット個展」?に水彩画をアップして、電話で長話をしています。

 コロナの影響は我々年金組はまだなんとか暮らせていますが、政治の愚策で現役組、商売人等は本当に大変ですね。それにしても賛否ごうごうのマスクはどうなっているのかな?まだ届きません。肝心の「10万円」、ニュースではもう過去のことに感じますが、まだ申込みさえ見えません。このあと感染して死んだらもらえないのかな?!寄付する先が決まっているのに。

 コロナが長く続くと世の中の仕組み、動きが本当に変わってしまう予感がしています。身近な例では、町内会が2か月以上活動中止ですが支障なしで生活しています。この時期は総会、新体制の選出、会費の徴収と大騒ぎになるが、コロナのお陰で一切なし。 

 このあとどうするの? 地震対策の避難所運営訓練では体育館に一人分1mX2m枠を設定し体験訓練をやっているが、これは「3蜜」の象徴になる。専門家でさえ避難所でなく、なるべく自宅避難を考えよという始末。避難所の運営どうするの?考えると頭が痛くなる。もう若い人にまかせたい。

 でも、星山さんみたいに「90歳」まではまだ一回り以上ある。星山さん教えて!楽しくおおらかに老後を過ごす方法を。


  <其のー103>

 <原稿募集>

 昭和会ニュース・7月号の原稿募集しています。
 随筆、紀行文、近況報告やお便り、コロナ生活の記録、周辺の話題、何でも結構です。
 お気軽にご寄稿をお願いします。
 なお、文字数は大体800文字前後でお願いします。 (宛先はメールで星山迄に)

以上            




<其の-4>

 「心の傷を癒すカウンセリング366日」(西尾和美)より抜粋

 

小さな傷が大きな傷に      (6月2日)

自分は生きるのに、あたいする人間です。
自分は、自分のままでいいのです。
自分は愛するに、あたいする人間です。
自分は、自分の居所をつくっていいのです。
自分を、うんと好きになります。


 小さな傷でも、それが繰り返されれば、大きな傷となります。

 「まあ、ほんのちょっとのことだから」と放っておくと、いずれはぽっかりと大きな傷口があいて、癒やすのに時間がかかるようになってしまいます。

 小さな傷つき体験があったら、その時点でちゃんと始末をしておかなくてはならないものか、本当に些細なことで、放っておいてもいいことなのか、じっくり見極めましょう。

 たとえば、誰かに人格を否定されるようなことを言われたら、その人はこれからもつきあっていかなければならない人なのか、その人の精神状態は健全かどうかを考慮に入れて、自分がどう思ったかかをはっきり言うのがよいかどうか決めましよう。

 その体験がパターンになって繰り返されそうだと判断したときには、「失礼ですけと、そういうふうに云われると傷つきます」とやさしく言いましょう。

 たとえ相手に通じなかろうと。はっきりものが言えただけでも、あとあと傷が重なるのを防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

<昭和会ニュース・号外>



<満90歳の星山さんと 樫村さんの紙上放談>

<90才の大台・オメデトウ>


星山)何んとなく生きて来たら、何時の間にか90歳になったんだね。長生きするのは良いが、いくら長生きしても、どんなに頑張っても、人間、最期は結局、皆んな死ぬんだから。余り無理しないことかな、でも、胃がん、腰痛(脊柱狭窄症)、脳梗塞など、老人病は大体経験したが、その度毎に体力も落ちて来たよ。1月4日が誕生日だから丁度90才5ヶ月になつたが。


樫村)こちらは4月1日が誕生日だ。そうだね、人間の寿命なんて努力してもどうなるもんじゃないよ。アスレチックやったサプリ飲んだって、効果なんて分からない。クローンを作って、やる奴やらない奴を比較しなくては分からない、結局生まれた時からの寿命さ。ただ、人間には自己暗示というのがあるが。(樫村・注)


星山)外出は自粛、3つの密はダメだ。避けろ、などで、外出も自粛、ダンスはすべて中止、呑み会もダメ、などで、生活のリズムが狂ってストレスばかりだ。仕方が無いので、リハビリで医者に行ったりして少し街へ出たり、夕方には住宅街を40分歩いたりして過していたが、運動不足とストレスばかりで、もう限界だね。


樫村)娘から乗り物に乗って出かける外出は絶対駄目よと厳禁されているので、心配かけるのも可哀そうなので籠の中におとなしくしています。そりゃそうだ、90歳の爺じゃ、搬送されてもトリアージで、あっちへ寝かせておいて!で、ほっぽらかされるのが関の山だ。籠の鳥生活で自然にパターンができ上った。


樫村)0750起床、0800テレビNHK=BS1ch、0830朝食、ゆっくり新聞読む、1000パソコン、メールチェック、古い日記、記録等電子化作業、1230昼飯、パソコンでコンピュータ相手に囲碁、1500取り溜めビデオ見る、1800足踏機で1000歩踏む(これは重いので歩くのの2倍はエネルギー使う)1830ゆっくり一人酒、テレビ(この間に風呂)、2230ベッドイン、読書、2330消灯 とまあこんな具合です。歩く歩数は4000歩が最低目標だけど半分なので、体重はCovid前より1~2キロ増えた。ほとんどはんこうで押したようなパターンです。


星山)認知症の予防には、音読が良いとの記事があった。今年の元旦から「朝日の天声人語」を3回音読することにした。1回音読するたびにX印を、X3回で終りだ。誰もいない時に音読をしている。飼い犬のモモは、ウルサイなど余計な文句を言わないので助かる。溜まったら切り抜いて後で纏めて読んでいる。それと、毎日3回(朝昼晩)の20分のストレッチ体操ををやっている。これも良い効果がある。「継続は力なり」で音読とストレッチはもう習慣となった。


樫村)先にも書いたけど、私は肺の病気、よく言われるPOPD(間質性慢性肺炎)の中等度という持病で肺活量が少ないため飛行機に乗るのが怖い。血中酸素飽和度は常時(93~95)、医者は大丈夫だというが、万一発症(機中は酸素濃度が0.8気圧のため呼吸困難)したら途中不時着になったなんてことになったら、大変だよ。


樫村)そこで、海外は北欧、アフリカを除き結構行ったので、まあいいとして、Covidまでは毎月1回古い映画の会というのがあって戦前の映画など鑑賞していたが、3月に田中絹代の映画を見た。昔から大好きな女優だったけど、改めて懐かしが込み上げてきた。彼女の記念館が下関にあると聞いたんで、そこへ行きたいね。帰りに四国の松山・道後温泉へでも寄って、人生最後の遠出旅としたいものと思っています。


星山)コロナ豪華客船のコロナ対応、PCR検査、安倍マスク、10万円給付金、黒川検事総長の定年延長・賭け麻雀、テレビ動画の出演問題、など、安倍はダメだな。権力を長く持ち続けると傲慢になってしまう。ところで連立の公明党はどうしてんだ。呑み込まれているのかな。


樫村)今、最大の関心事は、アメリカの大統領選挙のこと。トランプに絶対に再選させてはダメ。でも日本にいては米国発のレポートが偏る傾向にあり、本当の人気は米国に住まないとわからない、これは私もアルゼンチンにいるとき経験している。日本のニュースソースはニューヨークタイムスとかCNN、CBS、ワシントンポストが多いでしょ、これらは、民主党派だから、もっとFOXニュースとかの共和党系メディアのニュースが来ないと公平に見られない、テレビに出る人で、木村太郎、中林美恵子、元産経の禿げた記者なんてのは共和党、
パックン、死んだ岡本行雄さんなどは民主党、でも日本人は多くが民主党支持じゃないのかな。本当にトランプがあと4年続けたら、気候変動の悪化と世界の政治経済の悪化、指導力の低下でひょっとしたら第3次大戦だよ。こう考える時、いつも長生きがいいとは限らないなと思うね。


星山)この辺で昭和会の宣伝をするよ。
この1年、大舘さん、黒田光さん、山口英昭さん、引間忍さん、関利正など、細田さん、星野さん、味田さん、大先輩の里見さん、など懐かしい人達がが亡くなったが残念だった。みなさん、俺たちより少し若い人も多いが。惜しいし、残念だった。(合掌)


<三鷹地区呑み会の想い出>だが、
久家さん、阿部島さん、安部ちゃん、宮本さん、横尾さん、物部さん、田辺さん、仲本さん、島稔さん、伊藤信明さん、伊藤正さん、大舘さん、などが亡くなった。皆良い人ばかりだ。


清水元さん、遠藤さん、東話のA女史、B女史はどうして居るかな。
現在は、久保田さん、大久保、内藤、天野、村越、樫村さん などが、昔と同じ白木屋で頑張っているよ。


樫村)人間の本能といわれるものに5大本能といわるのがあるでしょ。名誉欲、出世欲、物欲、性欲、食欲ね。出世欲も名誉欲ももうお互いないね。物欲もほとんどない、アベノ10万だってパソコン買い替えようかと思うくらいだし、旅行もPOPDで飛行機が危ないので遠出できないし、性欲は満70歳で終わった。残るは食欲だけ、これが無くなる時がそれこそ、墓へ入るときだと思ってます。


まだ食欲も飲み欲も大いにあります。ただ量的にはステーキ200~250グラムくらいかな。なんでも普通盛で十分です。酒はアルコール量を頭で計算して飲んでます、家では清酒2合相当(アルコール純量40CC)まで、外では60CCまでです。毎日飲むなら一日清酒1合までなので、3日に1日は休肝日を設けているよ。


星山)<昭和会ゴルフ>は、1)川越グリンクロス。 2)千葉国際ゴルフ、 3)東我孫子ゴルフ、4)昭和の森ゴルフ の4ヶ所で定期的ゴルフコンペをやっている。

イ)「小山の神鳥谷の全国大会」では、東西南北から80~90名余が集まる。20余名は災害対策宿舎に前泊。引間の小山のスナックでのN女史の「つぐない」の絶唱など想い出も多い。

ロ)「青森。・十和田ゴルフ・観光ツアー」青森出身の大舘氏が全部企画し実施してくれた。感謝  酸ヶ谷温泉の大混浴場に参加の3人娘が水着姿で入って来たが驚いた。奥入瀬にも行った。

ハ)「沖縄ゴルフ・観光ツアー」これは興野さんが企画し、リーダーとなり頑張った。これも良かった。沖縄の上原さん、島袋さんには交流会を開催など大変お世話になった。有有難う。

 

<昭和会呑む会>は、横浜地区、赤羽地区、千葉地区、柏地区、小田急相模大野地区、所沢地区、川越地区(休業中)、三鷹地区、大宮地区、の9ヶ所で定期に開催しているが、各地区とも年々高齢化が激しいが。・・・


樫村)自分の最後は、自分できめられれば最高だね。黒ちゃん(黒田光夫)は、奥さんが朝起こしに行ったら眠ったように亡くなっていたなんて見事な死にざまだけど、もっと大先輩がいる。斎藤吉雄こと、きっちゃんだよ。彼は朝、犬を連れて散歩に行って帰ってきて、ちょっと疲れたから一休みと言って2階にあがった。昼になったので、奥さんがお父さんと呼びに行ったら、眠ったようだった(亡くなっていた)、と言う訳。


星山)黒田光夫さんの最期が良いね。通称、クロちゃんは朝鮮動乱要員(国際無線通信科)の同期だ。良い死に方だ・羨ましいね。理想的な死に方だな。もう沢山と生きたんだから、最後は静かに終りたいね。訃報の連絡も無し、身近な家族だけで良い。最近は葬儀等は無しで火葬場で少しお経を上げるだけが流行っているが、それも良しかな、


樫村)もう戒名も生前受戒で持っているし、49日過ぎたら知らせるところなど皆パソコンに入っている。そろそろ死に方考えるか。かかりつけ医は、私は血管系で死ぬんだそうだ、それだと、黒田式が期待できるかもね。


<樫村・注>

 私は2002年に愛知県の知多半島の源氏に縁のお寺で、姓名判断では高名な住職と初めて会ったとき、顔をみただけで何もいわずにいきなり「あんたは104歳まで生きる」言われた。いつしか私も家族もそのご宣託の暗示にかかり、俺は104まで生きるんだと思い込んで来た。洗脳はバカにできないね、
 15年前に大動脈瘤の手術をしたとき、俺は今は死ぬ時期じゃない、なんて変な自信をもっていたよ。その後も胃がんの手術の時も同じ、だから、今でもあと14年は寿命があると自分でも家族も思っている。でも、長寿=いいこととは限らないね、少なくとも、私が一番良かったと思う時代は昭和10年~16年までの子供時代だけど、それ以降あのときのような、のんびりした、平和な(表面的には)、自由闊達な時代はない。だんだん地球が住みにくくなってきている。

 原因は気候変動とトランプのせいだ。あいつが再選されたら、今度こそ世界も地球も終わりの始まりが来るんじゃないかと、どうにもならない心配をしているよ。

 余計なことだけど、公正証書遺言作っといた方がいいよ。去年7月に若干改正されたけど、自筆は霞が関(簡裁)へ2回いかなくちゃならないし遺言がすぐ執行できないし、もめたら法的効力が弱い。公正証書は裁判判決と同じだから絶対です。死亡と同時に発効し、指定された執行者は黄門様の「印籠」と同じ効力で、すべての名義変更がすぐできます。・・・


<星山の追記>

 先ず最初に、<90才・星山と樫村の紙上放談> の拙文を心地よく読んで頂き有難う御座いました。また、何人かの皆さんから心暖かな、ご感想、励ましを頂き有難う御座います。

 齢・90歳になったが、このままズルズルと齢を重ねて行くのもどうか、この辺で何か一区切りを付けたいと思っていました。この紙上放談の企画を樫村さんにお話して、協力をお願いしたら、心良く快諾してくれました。彼の「豊富な人生経験、豊富な学識」と「星山の昭和会への深い想い」をミックスすることで文章整理をし纏めました。

 一見すると、樫村さんの独断場のような気もしますが、良く読むと二人が旨く調和しており、お互いの持ち分を分かち合っているのが解ると思います。
 樫村さんに深くお礼と感謝をいたします。<樫村さんどうも有難う御座いました>

(星山記)  


<付言>

緊急非常事態宣言は、一応、解除となりましたが、コロナは絶滅しておりません。第2波、第3波など、まだまだ、沢山の自粛や防除の問題が残っております。


お互いに、助け合って、励まし合って、何とかこの辛い時代を切り抜けて行きましょう

以上  

 

 

 

 

 

 

▲INDEX


 

昭和会について
  
そもそも、昭和会とは何んですか

俺にも判らない 昔,大正生まれの人たちが大正会を作って頑張って遊んでいた。今度は、昭和一桁生まれの定年が近づいて来ました。定年後はどう生きて行くか、悩んだ結果その不安解消策として自然に昭和会に発展して行った気がします。従って、昭和会の目的や趣旨は参加者一人一人の心の中に有るのだと思います。「昭和会春の懇親会」「昭和会ゴルフ」「昭和会各地区飲み会」「昭和会東西南北合同交流会」などに発展して行きました。

昭和会の掲示板とは何んですか

俺にも判らない でも、長年の間、昭和会当面の予定を作成して来たが、無味乾燥なスケジュール表だけでは、読む人も飽きているし、大体作成する人が飽きて来た。「止めたい」と云うと有った方が良いから「止めるな」という。もっと心の籠ったものが無いかとずーっと迷い思案して来ました。そして、それが皆んなの交流の広場―自由に投稿出来る掲示板の誕生です。誰でも自由に掲載出来る掲示板です。マアお気軽に利活用して下さい。

 

 

▲INDEX