No.145 2022年11月25日
今月のお知らせ

 

■  会員の状況
  新入会員 : なし
  退会会員 : なし
  ご逝去会員 : なし
  11月25日現在の k-unet 会員数は379名です。

 

■  活動状況
(1) 2022年度PCアートコンテスト実施中
 応募期間 2022年9月1日~11月27日
 応募作品展示中 12月1日から投票を開始
(2) 2022年度第4回運営委員会をリモート形式(Zoom)で実施
 (10月23日(日)13:00~16:00 )

 

予定
(1) 2022年度第5回運営委員会
 12月11日(日)13:00~16:00 リモート会議
(2) 2022年度第3回パソコン研修会
 12月20日(火)14:00~16:00 リモート開催

 

k-unetサイトの新情報
(1) 連載コーナー
・まちだより
 11月(1) 介護人生を語る講演会に参加して
  ・・・・・・アーカイブサイトでご覧ください。
 11月(2) アカウントを乗っ取られて
・新四季雑感 No.8
(2) 会員からの投稿
・会員からの投稿(美術散歩)
・フォトアニメ・・・花水木 秋の続編
(3) その他
・PCアートコンテスト 応募作品展示中
・2022年度第2回パソコン研修会の模様
・趣味の広場 美術、音楽

 

お知らせ
2022年4月より、ご葬儀終了後、あるいは年末の年賀欠礼の葉書などの訃報で急がない場合はマンスリーレターにてお知らせしています。年齢は「享年(数え年)」または「満年齢」の場合もあります。

 

今月のコラム

 

担当:  京極 雅夫  

☆ 自宅内LANディスク装置のトラブル ☆

これまでに何度か自宅内ネットワークのLANディスク装置(NAS = Network Attached Storage)の導入やトラブルについて紹介しました。NASは各種データをパソコンやスマホ内に保存するのではなく、LANネットワークに接続したHDD装置(NAS)に保存させるものです。データを別パソコンあるいはスマホと共有して編集や再保存ができる利点を持っています。原理的には外出先からインターネット経由で自宅のNASにアクセスしデータを参照したり修正したりできます。しかし、マニュアルの説明が複雑(説明個所をいくつも探しホッピングするので理解が困難)なのと自身の知識不足のため、インターネット経由は未だうまく設定できていません。尤も、コロナ禍の影響のため外出する機会が減っていて利点を享受できる状況にもありません。

自宅のNASは2代目で1年半ほど継続運用中です。HDDを2台内蔵しておりこれらに同じデータが保存され、一方のHDDが故障しても他方のHDDにデータが残っているので安全です。更に外付したUSB接続式のHDDへ週2回自動で差分バックアップするよう設定しました。また、時々パソコンから管理画面を開いて状況を確認していました。

今回のトラブルの始まりは、数ヶ月前からNASの管理画面にアクセスできなくなったことです。NAS本体にメッセージがある場合の赤LEDが灯っていましたが、管理画面が表示できないのでメッセージの内容が分からず、困りました。何もできずにいたところ1週間ほどで赤LEDは消え正常表示に戻りました。当時、重要なファームウェア更新が予定され、更新前に読んでほしいとのメールが届いていたのですが理解しきれず対応もしなかったので、これが悪さした可能性も推測しました。しかしパソコンからは以前同様にデータの読み書きはできていました。

しかし、その後2週間ほどして本体のLEDが緑点滅しているのに気が付き、パソコンからNASを検索してもエラーになり、当然データにアクセスできなくなりました。これは大変です。

サポートQ&Aサイトから緑点滅状態でデータにアクセスできない場合の対処方法が見つかりました。再起動させるため電源ボタンを軽く(ピッと音が鳴るまで)押しても、長押ししてもシャットダウンできません。その場合システム動作異常が発生している可能性が高いとのことで、データ消失やシステム破損のリスクが伴うが、電源ケーブルを抜いて強制的に電源を落としてください、と説明がありました。これで問題が解決されない場合はLANディスク装置が故障している可能性が高いので修理センターへ送ってください、と。修理センターではHDDを初期化することが前提なのでデータは全て消滅してしまいます。

他に手段が無いので、意を決し、電源ケーブルを抜き、数分待ってケーブルを差し込み、電源ボタンを押しました。ピッと鳴り数分待ったところでランプが正常に点灯しました。パソコンからのアクセスも正常に。

今回のように内蔵HDDの故障でなく本体がハングアップすることは考えもしませんでした。トラブルの原因は分からないにしても、コンピュータ制御の機器はまだまだ外部ノイズや静電気には弱いことを実感しました。

マニュアル(本ではなくネットからダウンロードする)はページ数がとても多くて、関連情報がどこにあるか何箇所も探し、情報を理解するのは一苦労です。機器の状態表示の意味を素早く知ることができる「早見盤」のような資料が整っているとよいと考えます。

 

あとがき

毎年恒例のPCアートコンテストの応募締切りは11月27日(日)です。締切りが近づいています。会員の皆様から作品のご応募をお待ちしています。また、12月1日から作品の投票が開始されます。

コロナ禍は止む気配が見られず第7波が収まりかかったが、落ち着く間もなく直ぐに第8波が始まってしまいました。ワクチンも5回目の接種券が届いたので、できることはやっておこうと思い、先日接種してきました。WHOの言うコロナとともに生きるWith Corona を増々意識せざるを得ません。当初から言われたとおり、予防措置のマスクと手洗いの基本は続けることが重要でしょう。今年の冬はインフルエンザの流行も言われています。皆さん充分に注意しましょう。

 

 マンスリーレター次号は、小島運営委員が担当します。

以 上  

 

 

 

Now Loading...

ただいま読込み中です...

END