No.117 2020年7月25日
今月のお知らせ

 

■  会員の状況
新入会員: 0名
退会会員: 3名
ご 逝 去 : 1名
 7月23日現在の k-unet 会員数は432名です。

■  活動状況

(1) 年会費のお支払いをご案内しています。(併せてご寄付も)
期限は10月末迄ですが、お忘れ無なく送金頂けますようお願いします。

(2) 今年に米寿或いは喜寿を迎えられる会員のみなさまへのご案内をお送りしました。


■  予定
(1) 7月中の予定はありません。

■  k-unetサイトの新情報
(1) 連載コーナー
  ・四季雑感(56)  女を乗せた特攻機    ~ 樫村慶一さんの投稿
  ・美術散歩 7月号 ~ 島崎陽子さんの 最新投稿
(2) 昭和会ニュース7月号掲載
(3) 2020年度第2回運営委員会議事模様
(4) 趣味の広場
 ・ラテン音楽講座「ラテン音楽のお話No.2」  ベッサメ・ムーチョ

(5) KDD誌拾い読み205号(2020年3月)

 

今月のコラム

 

担当: 北野 志津子  
☆ 束の間の夢を見ました ☆

 コロナ渦中の6月中頃のことです。午後3時頃、私が加入している生命保険会社の女性から電話がありました。電話の主は加入当初からの担当者ではなく、代理の女性でした。

女性:実は北野さんが掛けていた保険が来年(2021年)の5月1日に満期を迎えますので、そのお知らせです。満期に伴い、保険金の利子分が来年5月にお支払い されます。

私 :えっ?私が掛けているのは終身保険なので、「その時」に支払われるのではないのですか?

女性:いいえ、来年からは毎年5月に払い込まれます!

私 :確かそんな内容ではなかったはずだし、担当の方から聞いたこともありせんよ…。

女性:昔の商品は利率が良く、毎年のお支払いとなっています!

(そう言われると、実は何度か状況に応じて内容を変更していたのでひょっとしてそうなのかな…という気持ちになり)

私  :私が長生きしたら、その分だけ毎年いただけるの?

女性:その通りです。こういうお話しは誤解を招くといけませんので、お宅に伺ってお話しします。伺う日にちは調整しますので夕方までお待ち下さい。


 以上がそのやり取りです。どう考えてもおかしな内容です。一瞬、「新手の詐欺かな?」とも思いました。
 しかし、人間は欲望の動物。半信半疑で電話を切りましたが、「保険金の利子分がもらえる」と思うと、その言葉が頭の中を駆け巡り、次第に妄想が膨らんできました。「KDDの年金受給額が減った分以上にいただけるなら、あれもこれも欲しい。それが毎年となれば、家族全員連れて旅行もできる…」。久し振りに明るい気持ちになり、すっかり上機嫌です!

そして2時間後、先の担当者から再度の電話が入りました。いわく「私が誤解して電話してしまいました。誠に申し訳ありません」。平身低頭(電話なので様子は見えませんが…)、平謝りの状態です。「いったい、どういうこと!」。頭が混乱すると同時に、私の妄想は一瞬にして消えてしまいました。
「それはそうでしょうね。元々あり得ない話だもの」と自分を納得させ、瞬間的にでも“夢”を見た自分が恥ずかしくなりました。家族に喋りたかったのですが、「ひょっとして間違いなのかもしれないと」という気持ちもあり、言わなかったのはせめてもの救いです。
そしてすっかり忘れていた一週間後、デパートから私宛てに届け物がありました。送り主は例の生命保険会社の女性。中身は高級果物店「千疋屋」のゼリー菓子です。受け取るのは複雑な気持ちでしたが、いただくのも功徳と思い、有り難く受けとりました。お味は何となく苦かったです!
新手の詐欺ではないだけ良かったのですが、「やはりおかしい、変だ」と思った時、相手を待たせて保険証書の確認をすれば、その場で解決した筈と改めて反省しています。



あとがき

 

〇世の中コロナのニュースに溢れていましたが、いっとき安堵の空気が流れた感がありました。でもそれは束の間の事で最近は300人を越す日もありました。不安が増すのも無理はありません。今の所身近な方の罹患は聞きませんが、「ただ恐れている方」の多いのも気になっています。三密を避け(夏のマスク着用は臨機応変に)、免疫力を上げる努力する事が大切なのではと思っています。 安心して皆さんとの交流が出来る日が近いことを祈るばかりです。

〇「令和2年7月豪雨」は熊本県を中心とした九州地方、中部地方などに甚大な被害をもたらしました。被災された方に心からお見舞い申し上げます。今年の梅雨は長雨が続き列島の梅雨明けは7月末?或いは8月に成るのではといわれています。この後も大雨の警報に注意し、体調管理をしっかりして過ごしたいものです。


 マンスリーレター次号は 京極委員 の担当です。

以 上  

 

END