連載コーナー


まちだより
まちだより

 

ハイコントラスト表示ボタンハイコントラストリセットボタン

 

 

あなたの宝物は?

 ジムで身体を動かすことが好きな私でしたが、コロナ・クラスターが怖くて退会して、約1年になります。その間、ひと駅歩いたり、家でラジオ体操などしていたのですが、どうにも運動後の爽快感を感じることが皆無で、心身ともに悶々とした日々を送っていました。そんなとき、区報で高齢者施設での「60歳以上のシニアの元気体操」を知り、お試し的に参加してみました。

 まずは認知症チェックの紙を配られ読んでみると、15項目中「物忘れが多い」、「計算できない」(これはもとからですが)、まずはほとんど当てはまり、顔面パンチをいただいたようなショックを受け、次の簡単ストレッチでは、マスク着用なので息苦しいことこの上なく、まるで酸欠の金魚のようでした。そして最後は口腔体操が待っていました。まずは舌打ち体操で、小さいときから、「下品だから絶対してはいけない!」と言われてたあの舌打ちです!それも連続16回しないと舌圧には効果がないとか。喜んで「チッ、チッ」とマスクの中で思う存分、アウトローになった高倉健さんのようにやらせていただきました。

 そして次、誤嚥防止の「パタカラ体操」で「パ・タ・カ・ラ」と大きく口を開けて発声するのです。言いにくければ、「パンダの宝物」と唱えれば、全ての「パタカラ」が入っているのだそうです。これを教えてくださる優しそうな嚥下トレーナーさんが、脳トレなのか「あなたの宝物は何ですか?」と一人一人に聞いてきました。80歳代のお2人は「多すぎて言えない」と答えれば、別のご婦人は「ネコ!」と叫びました。私の番に来たら「母の形見の指輪!」と答えるつもりでしたが残念ながら終了時間になってしまいました。

 でも、そのあと、ずっと「自分の今の宝物はなんだろう?」と考え続けています。周りにいる人に聞いてみるとほとんど「家族!」と即答で返ってきます。

(文と写真 町田香子)

 

 

いいね!ボタン

 

 

 


 

メッセージもよろしく