リンクもくじ

4月(2) 試作

3月(2) 試作

4月(1) 試作

12月(0) 試作

 

 

  

  

 

 
 
最近お送りした同報メールの内容をハイコントラスト対応の画面で見ることができます。クリックして選択し、ログインしてご覧ください。

 

 

 

 

 最新同報 ― 1月1日号  
最新同報は上のメールアイコンをクリックしてご覧ください。

 

 

 

栄養改善の 実験対象者に 選ばれて

 

 先月突然、神奈川県立某福祉大学から、ぶ厚い封筒が送られてきました。
 何事か?と恐る恐る封を開けてみると、「肴好に合わせた食品選択での食事介入が、栄養状態の改善に有効かどうかという研究に協力していただけないか」という小難しい内容です。
 fitbit(上)、体重計とスマホ(下)
 頭をフル回転させ、何度も読んで理解したのは、毎年、市立病院で特定健診を受けていた私のデータが「体重は重くはないが、コレステロールが高い割に体脂肪が少ない。いったいこの人は毎日どんな栄養状態なのか?よし、この人をターゲットにしてエネルギー・たんぱく質を毎週補充、プロのアドバイスを元に、食生活の改善に伴い健康管理をしてあげようじゃないか!」ということらしいのです。
 「ムム、これは研究材料にされてもよいかな?」と決心できたのは、なんと今年8月までの半年間に食費49000円が謝礼金としていただけると明記されていたからです。家族も恩恵を感じるのか喜んで、「いいねえ~、棚からボタもちだ!」などと、やけに応援します。当日は背中を押されるように出かけましたが、会場に着いた途端、大勢のシニアと共に身体測定に並ばされ、山のようなアンケート(食べ物の嗜好、健康価値観)に答え、今日から必要な器具、「オムロン体重計、腕に装着して健康管理データが管理できるFitbit、栄養管理士からのアドバイスに使うラインアプリが入っているスマホ」等が貸与されました。疲れきったところで、研究方法の説明として、「週1回、指定されたネットスーパーから購入したい食材をスマホのラインで栄養士さんにお伺い→アドバイスに従って食材変更→OKが出たなら注文購入、配送された食材をスクリーンショットで栄養士さんに送る→その食材を使った料理の写メを再度栄養士さんに送る、という一連の超面倒なシステムが待っていたのでした・・・。「タダより怖いものは無い」。
 今後「まちだより」に何かご報告できるようでしたら、書かせてください!
 
写真:コンテスト応募の皆さん
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく

一般ページヘッダー画像

video画像test
 
☞ 映像画面にカーソルをおきスピーカーマークをクリックするとBGMが流れます。

 

10年ぶりの 屋形船  

 

 「野崎参りはよ~、屋形船でまいろ~♪」
 東海林太郎の歌ではありませんが、このたび屋形船に10年ぶりの同期会で乗ってきました。隅田川から東京スカイツリーを見上げ、東京湾に出て東京タワー、レインボーブリッジを通り、最高のロケーションで夜桜を愛でるという宴会コースでした。気を利かせた女子幹事が、桜の開花予想をいち早くキャッチし、3月22日とピンポイントに予約しました。おまけに、彼女が参加者全員の乗船代を1ヶ月前から先払いするという、準備万端整った会だったのです。
 しかしです!

続きは   

 

映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

連載ページ画像(日付表示フォルダ参照)
 
☞ 映像画面にカーソルをおきスピーカーマークをクリックするとBGMが流れます。

 

 

 

 

10年ぶりの 屋形船  

 

 「野崎参りはよ~、屋形船でまいろ~♪」
 東海林太郎の歌ではありませんが、このたび屋形船に10年ぶりの同期会で乗ってきました。隅田川から東京スカイツリーを見上げ、東京湾に出て東京タワー、レインボーブリッジを通り、最高のロケーションで夜桜を愛でるという宴会コースでした。気を利かせた女子幹事が、桜の開花予想をいち早くキャッチし、3月22日とピンポイントに予約しました。おまけに、彼女が参加者全員の乗船代を1ヶ月前から先払いするという、準備万端整った会だったのです。
 しかしです!当日は、朝の気温は3度!桜の開花どころか、堅く閉ざしたままの緑のつぼみに、開花日は見事に裏切られました。夜7時、凍りつきそうな川面を見ながら辿り着いた、勝どき乗船場。船内に乗り込んでも寒いので、コートを着たままの乾杯スタートです。元気なのは、この船の司会兼ガイドで、人力車を引きそうな、いなせなオニイサンだけです。
 そのうち、豆絞りハチマキでお神輿を担ぎそうなオネエサンさんたちが、一人用すき焼き鍋の青い固形燃料に火を付け始めると、一気に室温が上がりました。いやはや、船窓は締め切ってあるので、暑いのなんのって!皆セーターまで脱ぎ始めるではありませんか。
 その勢いで宴もたけなわになると、あのいなせなオニイサンが、なんとフランス語やドイツ語を駆使して外国人観光客の紹介を始めたのです。また、どこで仕入れた情報か、「今日は〇〇家のお祝いだそうで、ご子息の卒業とおじい様のお誕生日、おめでとうございま~す!」と叫ぶと、乗船客から、「ウオー、いいぞー!」と、歓声が上がり拍手の嵐の中、世界は1つだという連帯感に包まれました。
 結局150分の船内宴会は、あっという間にお開きとなり、外の夜景をあまり見なかったわと悔やみながら下船しました。これは、10年前と全く同じで、単なる居酒屋仕様で屋形船に乗ってしまったことを思い出しましたが、あとの祭りでした・・・。
 

 

映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく

トップページヘッダ画像

 

  

  

 

 
 
最近お送りした同報メールの内容をハイコントラスト対応の画面で見ることができます。クリックして選択し、ログインしてご覧ください。

 

 
 
一般ページヘッダー画像

トップページヘッダ・連載ページ画像
 
 

 

 

 

 

 

姪っ子は 可愛い

 

 私には、心置きなくメールを交換し合う姪っ子(兄の長女)がいます。年はアラフォーですが、今でも私のことを「かおちゃん、かおちゃん!」と慕ってくれています。両親が長身なだけあって、ピンヒールを履くと170センチ以上にもなってしまうモデル体形は羨ましい限りです。小学校から大学までの一貫教育のせいか、どこかホンワカしていて、せっかちで慌て者の私とは正反対ですが、なぜかウマが合います。受験知らずで、競争心の無い彼女ですが、不思議なことに水泳大会に出れば優勝してしまうし、ピアノの発表会に聴きにいけばいつのまにか、ベートーベンを弾きこなせているはで、な~んでも一通りはできてしまうのでした。だから、何かひとつを究める情熱が無いのか、ほどほどのところでやめてしまう姿に、この不器用な叔母は、「もったいないなあ~」と思っていました。

続きは   

 

写真:会員の皆さん
文:町田香子

 

 

連載ページSLバージョン (1月(2)日付フォルダー参照中)

 

 

 

姪っ子は 可愛い

 

 私には、心置きなくメールを交換し合う姪っ子(兄の長女)がいます。年はアラフォーですが、今でも私のことを「かおちゃん、かおちゃん!」と慕ってくれています。両親が長身なだけあって、ピンヒールを履くと170センチ以上にもなってしまうモデル体形は羨ましい限りです。小学校から大学までの一貫教育のせいか、どこかホンワカしていて、せっかちで慌て者の私とは正反対ですが、なぜかウマが合います。受験知らずで、競争心の無い彼女ですが、不思議なことに水泳大会に出れば優勝してしまうし、ピアノの発表会に聴きにいけばいつのまにか、ベートーベンを弾きこなせているはで、な~んでも一通りはできてしまうのでした。だから、何かひとつを究める情熱が無いのか、ほどほどのところでやめてしまう姿に、この不器用な叔母は、「もったいないなあ~」と思っていました。
 いつも彼女といると、こちらまでオットリふんわり気分になるのですが、あるとき、この子はけっこう強いポリシーがあるかもしれないと感じた出来事がありました。
 同級生の中で一番就職活動に積極的でなかったのに、超有名企業に合格したときは、まわりがドッと驚きました。しかし、もっと驚いたのは、「ジュエリーデザイナーになりたい!」という沸々とした自分の夢を捨てきれずに、勤務終了後にアクセサリー専門学校に通い、卒業に際しての「ジュエリー作品発表会」に私を呼んでくれたのです。親心ならぬ叔母心で、お祝いに彼女らしいシンプルでスッキリとした小さな緑の石の指輪を買いました。その後、彼女は退職し、顧客がつくようなデザイナーとしての道を歩んでいます。
 今でも、何か私に話したくなるときは、「かおちゃん、一緒にごはん食べませんか?」と突然メールが来て、ドキンとします。なにせ、10年前彼女が結婚を決めるときがそうでしたから・・・。彼女と会うときには、私の小指にしか入らないあのとき買った指輪を必ずつけていきます!
 
写真:会員の皆さん
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく

11月(1)試作

 

 

 

 

秋の利き酒 大会参加!  

 

 

 秋の味覚の中でも、日本酒党にはたまらない「しぼりたて」や「ひやおろし」の秋酒の季節となりました。埼玉県熊谷市の「権田酒造」さんから、4年ぶりの「清酒・熊谷直実」7種の利き酒大会開催の吉報が届き、往復5時間・滞在時間2時間の強行軍もなんのそのと参加してきました。
 実は、ここ権田家を切り盛りする女将が、学生時代の後輩なのです。彼女から、杜氏である夫と息子さんたちが寝る間を惜しんで酒を作り上げる行程を聞けば、日本酒に強くない私でも感動ものです。そして、利き酒大会のあとに振舞われる地産地消の食材を使った手作りの天ぷら、煮しめ、カボチャサラダなどは絶品で、これを目当ての参加者も多いのです。
 利き酒大会のルールは、まずAテーブルの7種を飲み、次にBテーブルの7種を飲んで同一の酒を味や香りで当てるというものですが、7種×2回では、たとえ少量ずつでも、私は酔いがまわってきて、利き酒もどこへやらです。50人の参加者からも良い調子になった方々が「柿ピーがほしい!」、「この酒が一番うまい!」、「立ち飲みの気分だ!」などなど、大きな声の一人言の可笑しいことといったら!私語禁止も破り、ワイワイガヤガヤと隣り合わせの人と話せば、元校長先生や、住職や看護士さんだとわかり、いかに地元の「直実」が愛飲されているのがわかりました。
 はてさて、帰りは熊谷駅前にそびえ立つ、源平合戦で名を馳せた熊谷直実像に「日本酒で足を取られず無事に帰れますように」とお願いし、湘南新宿ラインに飛び乗りました。結局車内でも、お土産の山菜料理をツマミに同期のワイン好き女子とビール好きな私とで乾杯、ホッと一息つきました。ちなみに、あとでわかったのですが、7種のうち私が一番美味しいと感じたのは「直実の大吟醸」で、一番値が張るものでした。一瞬、利き酒師の道が浮かびました・・・。
 
 
映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく