リンクもくじ

7月(2) 試作

7月(1) 試作

12月(0) 試作

ヘッダーデモ

 

 

  

  

 

 
 
最近お送りした同報メールの内容をハイコントラスト対応の画面で見ることができます。クリックして選択し、ログインしてご覧ください。

 

 

 

 

 最新同報 ― 1月1日号  
最新同報は上のメールアイコンをクリックしてご覧ください。
一般ページヘッダー画像

video画像test
 
☞ 映像画面にカーソルをおきスピーカーマークをクリックするとBGMが流れます。

 

ツナガル・ブックで コミュニケーション!  

 

 雨の合間に、地元手話サークルの繋がりで川崎市生涯学習講座を受講してきました。タイトルは「NTTテクノクロスから提案・『ツナガル・ブック』から始まる双方向のコミュケーション」です。講師はNTTテクノクロスの社員の方で、ろう者の女性お二人でした。内容は、障がいの有る人も無い人も共に良い職場環境に繋がることを願い、個人の障がいを共有する冊子「ツナガル・ブック」を作った経緯と広報でした。

続きは   

 

映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

連載ページ画像(日付表示フォルダ参照)
 
☞ 映像画面にカーソルをおきスピーカーマークをクリックするとBGMが流れます。

 

 

 

 

ツナガル・ブックで コミュニケーション!  

 

 雨の合間に、地元手話サークルの繋がりで川崎市生涯学習講座を受講してきました。タイトルは「NTTテクノクロスから提案・『ツナガル・ブック』から始まる双方向のコミュケーション」です。講師はNTTテクノクロスの社員の方で、ろう者の女性お二人でした。内容は、障がいの有る人も無い人も共に良い職場環境に繋がることを願い、個人の障がいを共有する冊子「ツナガル・ブック」を作った経緯と広報でした。
 この冊子を作ったきっかけは、現実に起こった困りごとからだそうです。たとえば、難聴を周囲に伝えなかったことで、電話に出ないのはズルイと誤解されたり、会議中に聞こえにくいから、文字に書いてほしいと言ったら「大変だから別の仕事の方がいいのでは」と振られたり・・・。そこから判明した「聞こえる人が良かれと思っていたことが、聞こえない人を大きく傷つけている!」という双方の意識のズレの理解を深めることがスタートだったそうです。
   

ツナガル・ブック

クリックするとpdfを
ご覧になれます。

 実際にこの冊子を読んでみると、具体的に聴覚障がい者との職場の接し方が書いてありました。1、呼ぶときは後ろからでなく、前から手を振って気づいてもらう。2、相手に自分の口元が見えるように話す。3、ゆっくり話して筆談や身振りも付ける。等々、全て実践的でわかりやすいものです。
 手話サークルに入会して年月だけは長い私ですが、いつまでたっても初級もいいとこです。失敗談も数知れず・・・。忘れられないのは、自己紹介のときに「私は手話がとても下手です」と表したつもりが、ろう者の方々がお腹を抱えて笑っています。こっちは、真面目に大きな口で「ヘタ」と言っているのに!と思っていたら、あとでわかりました。私の手話が「とても上手」になっていたそうです。その後、私はヘンなギャグを言う可笑しい人のイメージになってしまったようです。
 ろう者とスムーズなコミュニケーションをとるのは簡単ではないと思いますが、今回の講座のアドバイスを活かしてより良く「伝えたい気持ち」を表せたらなあと思いました。

 

 
映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく

トップページヘッダ画像

 

   
誕生日は太陽暦に基づいています。太陰暦(和暦)では異なりますのでご注意ください。

 

  

  

 

 
 
最近お送りした同報メールの内容をハイコントラスト対応の画面で見ることができます。クリックして選択し、ログインしてご覧ください。

 

 
 
一般ページヘッダー画像

トップページヘッダ・連載ページ画像
 
 

 

 

 

 

 

羽ばたけ、 体育会女子たち!

 

 6月も後半になると、新年度の授業にも慣れた学生さんたちは、夏休みに向って楽しみも膨らむ頃でしょうか。
 先日、母校の大学で体育会の新進気鋭の女子学生たちを取材する機会がありました。創設以来の初の女子応援団長をはじめ、2年後のミラノ冬季オリンピックを目指すスピードスケート選手や、女子駅伝で傑出した記録を出しているマラソンランナーたちです。

続きは   

 

写真:コンテスト参加の皆さん
文:町田香子

 

 

連載ページ用バージョン (7月(2)日付フォルダー参照中)

 

 

 

羽ばたけ、 体育会女子たち!

 

 6月も後半になると、新年度の授業にも慣れた学生さんたちは、夏休みに向って楽しみも膨らむ頃でしょうか。
 先日、母校の大学で体育会の新進気鋭の女子学生たちを取材する機会がありました。創設以来の初の女子応援団長をはじめ、2年後のミラノ冬季オリンピックを目指すスピードスケート選手や、女子駅伝で傑出した記録を出しているマラソンランナーたちです。
 まずは、応援団長ですが、学ラン仕様の黒いスーツのパンツルックで彼女がエールを切る姿は、とにかくカッコイイ!年を忘れて「キャーッ、素敵!」と叫びたくなったほどです。今や応援リーダー部はもちろん、吹奏楽団、チア部など総勢100名を束ねている、まさしくトップリーダーです。
 そして、スピードスケート部の女子は、小さい頃の夢は水泳選手になることだったというのですから、人生とはわからないものです。夏休みからは氷上トレーニングを開始、長野と東京の行き来が始まります!と聞くと、そのエネルギーに圧倒されました。
 トリのアスリートは、マラソンランナーですが、中学から始めたきっかけが、球技がニガ手だったからには、笑ってしまいました。「応援してくれる皆に感謝を走りで返したい」という言葉に思わず拍手を送りました。これからの目標は琵琶湖マラソン、杜の都駅伝などでの上位入賞だそうですが、レースのたびにテレビの前にかじりつき、彼女を応援している自分の姿が浮かびます。
 3人の話を聞きながら思ったのは、毎日が身を削る思いで練習に励む日々だと思うのですが、それを微塵も感じさせない、普通の女子大生たちでした。しかも共通点は3人とも可愛いポニーテール!
 実は、私の所属していたサークル・合気道会も、現在主将は女子です。今年の新入部員が10名入ったと聞いて喜んでいたら、男子はたったの2人で、あとの女子8人中の4人は、フランス、アメリカ、中国、シンガポールの留学生でした・・・。いやはや、時代は変わったなあ~と思いながら、「合気道着にピアスだけはやめてね」と言うつもりです。
 
 
写真:コンテスト参加の皆さん
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく

11月(1)試作

 

 

 

 

秋の利き酒 大会参加!  

 

 

 秋の味覚の中でも、日本酒党にはたまらない「しぼりたて」や「ひやおろし」の秋酒の季節となりました。埼玉県熊谷市の「権田酒造」さんから、4年ぶりの「清酒・熊谷直実」7種の利き酒大会開催の吉報が届き、往復5時間・滞在時間2時間の強行軍もなんのそのと参加してきました。
 実は、ここ権田家を切り盛りする女将が、学生時代の後輩なのです。彼女から、杜氏である夫と息子さんたちが寝る間を惜しんで酒を作り上げる行程を聞けば、日本酒に強くない私でも感動ものです。そして、利き酒大会のあとに振舞われる地産地消の食材を使った手作りの天ぷら、煮しめ、カボチャサラダなどは絶品で、これを目当ての参加者も多いのです。
 利き酒大会のルールは、まずAテーブルの7種を飲み、次にBテーブルの7種を飲んで同一の酒を味や香りで当てるというものですが、7種×2回では、たとえ少量ずつでも、私は酔いがまわってきて、利き酒もどこへやらです。50人の参加者からも良い調子になった方々が「柿ピーがほしい!」、「この酒が一番うまい!」、「立ち飲みの気分だ!」などなど、大きな声の一人言の可笑しいことといったら!私語禁止も破り、ワイワイガヤガヤと隣り合わせの人と話せば、元校長先生や、住職や看護士さんだとわかり、いかに地元の「直実」が愛飲されているのがわかりました。
 はてさて、帰りは熊谷駅前にそびえ立つ、源平合戦で名を馳せた熊谷直実像に「日本酒で足を取られず無事に帰れますように」とお願いし、湘南新宿ラインに飛び乗りました。結局車内でも、お土産の山菜料理をツマミに同期のワイン好き女子とビール好きな私とで乾杯、ホッと一息つきました。ちなみに、あとでわかったのですが、7種のうち私が一番美味しいと感じたのは「直実の大吟醸」で、一番値が張るものでした。一瞬、利き酒師の道が浮かびました・・・。
 
 
映像:坂口行雄
文:町田香子

 

 

いいね!ボタン

 

 


 

 メッセージもよろしく