島崎さんへのメッセージ

琴線に触れる和の版画家、川瀬巴水の作品

島崎様

浮世絵展に何回か行きましたが、いつも大御所、北斎、写楽などに関心がいっていました。大正・昭和の時期の版画は最後に展示されていましたのでどうしても印象が薄くなっていました。今回、川瀬巴水を取り上げて頂きあの「赤いお寺に白い雪と和傘の和服女性」のものが川瀬巴水だったと認識できました。良かったです。

松本

 

「美術散歩」の著者、島崎さんへメッセージを送りましょう。

「美術散歩」の著者、島崎さんへのメッセージを書き込むことができる欄を設けました。

「+メッセージ追加」をクリックしてログインし、表示されるフォームに感想やコメントなど自由に書き込んで「決定」ボタンをクリックしてください。(既にログイン中であれば、表示されている「+追加」ボタンをクリックしても書き込めます。)
メッセージに対するコメントや返事は、表題をクリックすると表示されます。

ログインせずに上のハートマークの「いいね!」ボタンをクリックするだけでも構いません。